ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
 

施設紹介

正面玄関風景

2本のアオギリの木,イロハモミジなどに囲まれた正面玄関です。

正面玄関に並ぶアオギリの木です。

 庭園全体の設計として,正面玄関付近に多様な草木が配置されています。正面玄関両隣にはアオギリ,モッコク,いちばん手前にイロハモミジ,横に目を移すと,ヒサカキやクチナシ,金木犀なども並びます。
 四季の変化に合わせてその色合いや葉の茂りが目を楽しませてくれます。

文人庭 中根金作氏作庭の庭園

中根金作氏作庭の中庭です。孟宗竹と黒竹が独特の空間を作っています。
 頼山陽を始めとした江戸時代の文人たちは,梅・竹・桐・芭蕉など,中国的な趣味に合う植物を取り入れた庭を楽しんだといわれています。資料館の庭園は,こうした文人の精神世界を表現した「文人庭」です。
 写真の庭は,元大阪芸術大学学長 中根金作氏(1917-1995)の御指導により,資料館建設に際して整備されました。中根氏は,足立美術館(島根県安来市)などの作庭も手掛けられ,20世紀後半の日本庭園設計の第一人者として,国内外で高い評価を受けています。

孟宗竹と黒竹が印象を決める文人庭です。

茶室

茶室から前庭を臨む。

茶室前の庭には芭蕉の木が植えられています。Japansese bananaという英語名です。
 お茶会や茶道教室,お香の会などに利用されています。一般の方の利用もできます。
利用については資料館にお問い合わせください。(電話 082-298-5051)
 利用案内は,7 茶室利用案内を御覧ください。

居室の襖絵

居室に置かれている襖絵です。クロガネモチをモチーフにしています。

解説を置いています。
 居室には三桝正典氏による襖絵を展示しています。庭園のクロガネモチをモチーフにした大作です。平成27年の夏,被爆70周年の催しとして,広島市植物公園で被爆樹木展が開催されました。その展示の一つとして,本資料館のこの襖絵が貸し出され,8月中展示されていました。

この記事をシェアする