ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ふくやま草戸千軒ミュージアム > ふくやま草戸千軒ミュージアムの沿革

ふくやま草戸千軒ミュージアムの沿革

昭和46(1971)年2月広島県長期総合計画で「歴史博物館」を計画する。

48(1973)年5月

福山市花園町に「草戸千軒町遺跡調査所」を開設する。
50(1975)年4月「草戸千軒町遺跡調査所」を「草戸千軒町遺跡調査研究所」と改称する。
51(1976)年4月「広島県草戸千軒町遺跡調査研究所」を規則設置する。
52(1977)年3月広島県新長期総合計画で「草戸千軒町遺跡資料館」を計画する。
55(1980)年5月県立博物館建設基本構想検討委員会を設置する。(~56.3)
56(1981)年1月県立博物館建設基本構想検討委員会が「県立博物館建設基本構想」を答申する。
                     4月草戸千軒町遺跡調査研究所に「博物館建設準備室」を設置する。
                     8月県立博物館専門委員会を設置する。(~57.3)

58(1983)年3月

草戸千軒町遺跡調査研究所が福山市西町(博物館建設予定地)に移転する。
60(1985)年7月「県立博物館建設基本構想」を決定する。
61(1986)年12月県教育委員会事務局内に「博物館開設推進本部」、草戸千軒町遺跡調査研究所に「博物館開設準備室」を設置する。
平成元(1989)年3月博物館の建物が竣工する。
                     4月草戸千軒町遺跡調査研究所旧庁舎(西町)の解体撤去工事を行う。
                     7月広島県立歴史博物館条例を制定する。(施行11月)
                    10月展示工事が竣工する。
                    11月広島県立歴史博物館が開館する。それに伴い博物館開設準備室を廃止する。
2(1990)年1月特別展「藤ノ木古墳とその時代展」開催のため正月2日から開館する。
                     4月広島県立歴史博物館友の会を設立する。
                     6月照明学会から草戸千軒I展示室の照明に対して「照明普及賞」を授賞する。
3(1991)年11月竹原市にて「草戸千軒展」を開催する。(1~3日)
4(1992)年2月電算機システムを導入設置する。
                    10月JR福山駅北口に7館共同掲示板を設置する。
5(1993)年8月入館者が50万人を突破する。
6(1994)年4月映像コーナーの番組を追加する。
8(1996)年4月「広島県草戸千軒町遺跡調査研究所」が廃止され、博物館の組織内に「草戸千軒町遺跡研究所」が設置される。
                    12月文化財保護法公開承認施設の認定を受ける。
9(1997)年3月玄関上にイメージボードを設置する。(平成29年3月撤去)
10(1998)年11月入館者が100万人を突破する。
11(1999)年6月インターネットにウェブページを開設する。
                    11月開館10周年を迎える。
12(2000)年4月通史展示室内に特設展示コーナーを開設する。
14(2002)年3月ウェブページにこどもスクエアを開設する。
                     4月常設展示の音声ガイドを設置する。
16(2005)年6月草戸千軒町遺跡出土品が国の重要文化財に指定される。
20(2008)年8月入館者が150万人を突破する。
21(2009)年11月開館20周年を迎える。
24(2012)年7月中世衣装(「壺装束」・「大鎧」の着用体験コーナーを設置する。
                   11月草戸千軒町遺跡発掘体験キット,土器パズルを設置する。
26(2014)年1月愛称及びマスコットキャラクターを選定する。
                   2月国内屈指の地図コレクションである,守屋壽コレクションの寄託を受ける。
                    8月菅茶山関係資料が国の重要文化財に指定される。
                    11月開館25周年を迎える。
28(2016)年10月入館者が200万人を突破する。
29(2017)年3月福山東警察署との間で「災害時施設提供協定」を締結する。