ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「自画撮り被害」防止について

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月24日

スマートフォン等の普及に伴い,児童・生徒がインターネットを介して有害情報に接する機会が増え,トラブルや犯罪に巻き込まれるおそれが高まっています。

その中でも,「自画撮り被害」(※)については近年増加傾向にあるので,被害に遭わないよう十分に注意をしてください。

※「自画撮り被害」とは,だまされたり,脅されたりして児童(18歳に満たない者)が自分の裸体等を撮影させられたうえ,メール等で送らされる被害のことです。

ひとたび画像がインターネット上に流出すると,不特定多数の者に繰り返しコピーされ,消すことが困難になりますので,求められても絶対に送らないようにしましょう。

自画撮り被害防止の啓発チラシ

広島県では,県・県教育委員会・県警察本部の三者で,自画撮り被害防止を目的とした啓発資料を作成しました。

PDFからダウンロード・印刷し,御活用ください。→【広島県自画撮り被害防止啓発資料 (PDFファイル)(1MB)

広島県自画撮り被害防止啓発資料表面      広島県自画撮り被害防止啓発資料裏面

自画撮り被害の現状

自画撮り被害に遭った児童の推移(出典:警察庁)

自画撮り被害に遭った児童の推移

自画撮り被害に遭った児童の学職別割合(出典:警察庁)

 【平成29年】

自画撮り被害に遭った児童の学識別の割合

相談窓口

「裸の画像を送って」などと言われたら,相談窓口にすぐに電話をしてください。

また,画像を送ってしまった後でも,流出を防ぐために,すぐに電話をしてください。

県警察本部少年サポートセンター

友人関係,親子関係,学校問題等の相談全般のなかで,自画撮り,児童ポルノ等のインターネット関連のトラブルにも対応しています。

ヤングテレホン広島 082-228-3993

 ※24時間365日受付

 ※月~金曜日 8時30分~17時15分は,専門職員が対応 (その他の時間および土日祝日は担当者以外が対応することがあります)

  ※最寄りの警察署でも対応可能です。

参照(啓発資料やwebサイト)

警察庁webサイト(STOP!子供の性被害)

政府インターネットテレビ

気づいて!SNS出会いにひそむワナ(政府広報)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする