このページの本文へ
ページの先頭です。

優良事例に学ぶ!健康経営セミナーを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年10月1日

優良事例に学ぶ!健康経営セミナーを開催しました

概要

 『健康経営』とは,従業員の健康を生産性向上や企業業績・価値を高める貴重な経営資源と考え,戦略的に実践する経営手法のことで,今非常に注目を集めています。
 本県では,昨年度から健康経営の理解を深めていただくためのセミナーを実施しておりますが,その中で「具体的な取組事例を知りたい!」とのご要望を多くいただきました。
 そこで,今回は『健康経営』推進に役立つ基調講演をいただいた後,すでに『健康経営』を実践している県内企業3社様をお招きし,取組の実例をご紹介いただきました。

日時

 令和4年9月26日(月)14:00~16:00

開催方法

 オンライン開催(Zoomウェビナー使用)

ご案内チラシ (PDFファイル)(1.17MB)

主なプログラム

基調講演「経営戦略として考える健康経営のすすめ」

 講師:一般社団法人ヘルスケアマネジメント協会 振本 恵子 氏

すばらしい基調講演でした

 健康経営を戦略として定着するための『ストーリーの組み立て方』から『課題の抽出方法』,『評価指標の立て方』など,具体的な方法を大変わかりやすくご講演いただきました。

健康経営実践企業3社による取組事例ご紹介

社会医療法人千秋会 総務課長 常広 英治 氏
「職場活性化の健康づくりイベントの開催」

 健康経営の取組として実施された「イノザップグランプリ」について,企画内容や工夫した点,取組の結果等をご紹介いただきました。

株式会社熊平製作所 保健師 山口 美穂子 氏
「英知と創意で社会に貢献できる明るく夢のある企業にしよう」

 健康経営の考え方から,管理者へのメンタルヘルス資格取得への取組,健診結果返却時の社内保健師による面談実施についてご紹介いただきました。

株式会社ネクストビジョン 代表取締役社長 有馬 猛夫 氏
「社員が健康でイキイキと活躍できる会社づくり」

 従業員の健康がいかに大切であるか,健康経営に取り組むにあたり経営者の思いをどのように従業員に伝え,形にしていったのかについて,お話しいただきました。

トークセッション

事例紹介の様子

 振本氏にモデレーターを務めていただき,事前に参加者の皆様からいただいたご質問へ回答していただく形で,意見交換をしていただきました。
 その場で参加者の方からいただいたご質問にも,リアルタイムで回答していただきました。

参加者アンケートより(一部抜粋)

アンケート回答数:71

貴事業所の従業員数をお知らせください

従業員数

今回のセミナーは参考になりましたか

参考になったが100%でした

感想など

・とても学びの多い有意義な時間でした。他社様の取組事例も素晴らしくぜひ参考にさせていただいきたいと思います。

・健康経営を始めたばかりで、何から手を付けていいのか分からない中、模索しながら進めていますが、今回のセミナーに参加し、どの様に進めて行けば良いのか、従業員を巻き込むにはどうすれば良いのかなど、推進する側として抱えていた課題点が多少なりとも解消したように思います。

・自社の従業員の健康の課題を把握するところから始めて、計画を立てて、企業がよりよく成長していくために健康経営をするのだというお話は、とてもわかりやすく、今後取り組んでいく活力となるものでした。

今後のセミナー開催予定

  • 優良事例に学ぶ!健康経営セミナー 第2弾 東部エリア
 令和5年2月3日に,県内東部エリアの企業をお招きし,今回のように取組事例をご紹介いただくセミナーを開催します。
 業種や取組内容など,今回とは異なる企業様にご登壇いただく予定です。
 詳細は決まり次第こちらのページに掲載しますので,ぜひご参加ください。
  • 「ゼロからはじめる健康経営」~健康経営を始めたい,始めたばかりの企業様向け~

 10月19日(水),11月18日(金)に,より基本的な健康経営の考え方や,どうやってはじめるか,というところを中心に,今回基調講演をいただきました振本様にご講義いただきます。​詳細はこちらのページをご覧ください。

その他

  • 広島県では健康経営の推進に向けた実証試験への協力企業を募集しています。

広島県では,働き盛り世代の健康づくりを推進するために,健康診断データを用いたAIによる将来の健康リスク予測や健康アプリ等を活用して健康的な生活習慣への行動変容を促すための効果的な取組を検証する実証試験を令和3年度から引き続き行っており,第2期実証試験に向け,参加企業を追加募集いたします。

申込期限は,令和4年11月17日(木曜日)です。

詳細はこちらのページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする