このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県内企業の健康経営の取組を支援します

印刷用ページを表示する掲載日2021年5月10日

健康経営とは

健康経営とは

健康経営とは,従業員の健康保持・増進の取組が,将来的に収益性を高める投資であるとの考えの下,従業員の健康管理を経営的な視点で考え,戦略的に実践することです。

※健康経営は,NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

健康経営のメリット

【労働生産性の向上・医療費の抑制】

従業員の健康意識が高まると,精神面や生活習慣における疾病罹患リスクを減らすことができ,事故や労働災害等のリスク回避につながるため,生産性の向上や医療費の抑制が期待されます。

従業員のモチベーション向上・離職率の低下

組織内で働きやすい職場づくりの機運が醸成されることで,社内コミュニケーションが活性化され,従業員の仕事満足度やモチベーションが向上し,離職率の低下につながります。

リクルート効果・新たなビジネスチャンスの獲得

健康経営の取組を社内外にアピールし,企業のイメージが向上することで,就職希望者が増え,優秀な人材が確保できる可能性が高まります。また,企業イメージの向上は,商品ブランド価値や顧客満足度の向上につながり,新たなビジネスチャンスも期待されます。

健康経営メリット

健康経営を始めるには

「健康経営セミナー」に参加する

広島県では,県内各地で健康経営セミナーが開催されています。まずは,健康経営セミナーに参加して,健康経営のノウハウを学びましょう。

「健康企業宣言」に参加する

健康保険組合連合会広島連合会や協会けんぽ広島支部では,職場全体で健康づくりに取り組むことを宣言し,積極的に健康経営を実践する企業を募集しています。各医療保険者が実施する健康企業宣言に参加し,健康経営の取組を実践してみましょう。

 

他社の取組を参考にする

広島県健康経営優良企業表彰を受賞した企業の取組等を参考に,できることから始めましょう。

また,経済産業省中国経済産業局のホームページでも,「中国地域における健康経営企業事例集」を公表しています。

広島県健康経営優良企業表彰制度

【令和3年度新規事業】健康経営の推進に向けた実証試験への協力企業を募集します!

広島県では,働き盛り世代の健康づくりを推進するために,健康診断データからAIが将来の疾病にかかるリスクを予測するとともに,健康的な生活習慣への行動変容を促すための効果的な介入方法を検証する実証試験を令和3年度から開始します。
なお,実証試験への参加は無料です。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする