ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

  • トップページ
  • 希望をかなえるための後押し
  • ゆとりの創出
  • 地域活力の基盤づくり
  • 暮らしを楽しむ機会の創出
  • 県民生活を支えるその他の重点施策

ひろしま県民だより 平成30年4月号へ

平成30年度 ~今年度は「広島県民総欲張りライフ」応援予算の第二弾

平成30年度は、「欲張りなライフスタイル」の実現に向けて、これまでの成果を確かな軌道に乗せ、次のステージにつなげていくための大切な年と位置付けました。
今後、少子高齢化や第4次産業革命の進展などにより、社会のシステムが大きく変わっていくことが予想されます。
時代の変化に対応して、意欲のある働き手の雇用の場をつくり、県民一人ひとりが仕事と暮らしを追求し、個性と能力を発揮できる「欲張りなライフスタイル」を実現することができるよう、6つの施策の柱に基づいて、総合的に施策を推進します。

希望をかなえるための後押しゆとりの創出地域活力の基盤づくり暮らしを楽しむ機会の創出県民生活を支えるその他の重点施策

県民生活を支えるその他の重点施策

ハードとソフトが一体となった防災・減災対策
災害に強いまちづくり

集中豪雨などによる自然災害に備えるため、ハード・ソフトが一体となった防災・減災対策や、これまでに整備してきた社会インフラの機能保全のための適切な維持管理等の推進、減災に向けた「県民総ぐるみ運動」の展開など、災害に強いまちづくりに取り組みます。

会議の様子

防災施設を整備するとともに、各種ソフト対策を強化
防災・減災対策事業【注目事業】

≫ この事業の詳細情報

事業費:309億7,700万円

土石流、がけ崩れ、地すべり、洪水、高潮などの災害から県民の生命・財産を守るため、砂防・治山施設や護岸・防潮堤などの防災施設を整備し、土砂災害警戒区域の指定など、各種ソフト対策を強化します。

5つの行動目標の浸透を図る
「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動」推進事業【注目事業】

≫ この事業の詳細情報

事業費:5,500万円

県民の皆さんに「知る」「察知する」「行動する」「備える」「学ぶ」という、県民総ぐるみ運動の5つの行動目標の浸透を図り、「災害死ゼロ」の実現を目指します。

広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動のイメージ

目標

◆災害の種類に応じた避難場所・避難経路の確認

60.5%(平成28年度)から75.5%(平成30年度)に

◆自主防災組織率

91.7%(平成29年度)から94.0%(平成30年度)に

国際平和拠点ひろしまの形成と「ひろしま」ブランドの価値向上
広島の価値の共鳴・共振

核兵器のない平和な世界の実現に向けた広島発の取組を進め、地域資産であるスポーツや文化などとの相乗効果で、国内外での広島の認知・評価を向上させます。

「平和への希望が集う場所」としての価値を高める
国際平和拠点ひろしま構想推進事業【注目事業】

≫ この事業の詳細情報

事業費:1億3,200万円

「核兵器廃絶」「復興・平和構築」「持続可能な平和支援メカニズムの構築」という3つの側面から、核兵器のない平和な世界の実現と国際平和貢献人材の育成を進めます。

国際平和を考えるフォーラムを8月に開催
ひろしまジュニア国際フォーラム開催事業【注目事業】

≫ この事業の詳細情報

事業費:1,900万円

海外から高校生を招いて県内の高校生と国際平和についての討議や交流などを行い、相互理解を深めるとともに、平和のメッセージを世界に発信します。

ひろしまジュニア国際フォーラムの様子

国内外へ「ひろしま」の魅力を発信
ひろしまブランド推進事業【注目事業】

≫ この事業の詳細情報

事業費:2億9,800万円

「ひろしまブランド」の価値を高めるため、情報発信や食の魅力を向上させるイベント等を行います。また、ひろしまファンを拡大し、地域ブランドを発信する拠点として「ひろしまブランドショップTAU」を運営します。

広島県営SNS 日刊わしら

目標

◆県及び県の関係機関で平和を学ぶ人数

2,793人(平成28年度)から5,500人(平成28~30年度累計)に

◆地域ブランド調査魅力度ランキング

全国16位(平成29年度)から全国10位以内(平成30年度)に

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか?