ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【平成30年1月31日更新】「親プロ」講座の様子 平成29年度「庄原市立八幡小学校」

「『親の力』をまなびあう学習プログラム」講座の様子

期日

平成30年1月21日(日) 14:30~16:00

実施機関・団体など/参加者数

庄原市立八幡小学校/保護者・教職員19名

教材:17「どうする?どういう?~子供の人間関係へのかかわり~」 

 講師(ファシリテーター)

青木 ルリ子 徳岡 千鶴

講座の様子

 八幡小学校の日曜参観日に保護者と教職員が参加して「親プロ」講座が行われました。
 まず始めにファシリテーターのピアノの伴奏に合わせて「雪やこんこ」を歌い,次にミニゲームで体をほぐしました。最後にゲームを利用し,ワークを行うグループを作りました。アイスブレイクの時間をしっかりとってスタートしたので,参加者はリラックスされ,会場には和やかな雰囲気が広がりました。

アイスブレイク ファシリテーター

 グループワークではワークシートに沿ってそれぞれの登場人物の気持ちや問題の解決策についてラベルワークを行い,話し合いを深めました。
 始めは会話の少ないグループも見られましたが,時間が経つにつれ会話も弾み,笑顔で話をしている様子でした。また,自らの家庭や子供のことや悩みを相談されている姿も見られました。

交流 全体

参加者の声

・はじめのゲームで緊張がほぐれたので良かったです。
・気楽に話すことができ,楽しい時間を共有できました。
・いろいろな人と話をしていくことで,子育てのヒントがもっと見つかると感じました。

ファシリテーターの感想

・90分間という実施時間があったので,ゆっくり話が出来たのが良かったです。
・テーマを元に会話が弾み,和気あいあいと笑顔で話し合う姿が見られました。
・講座に参加していただき,保護者間のつながりが深まったように思います。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする