ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島版「学びから始まる地域づくりプロジェクト」の取組(竹原市)

 竹原市の取組

竹原市における地域づくりにつながる「学び」の展開について紹介します。

令和4年度

尾道市重井公民館・重井中学校と竹原市のオンライン交流会

 竹原市では,「広島版『学びから始まる地域づくりプロジェクト』」事業を行っていく上で,他市において,学校と公民館が連携した取組を行っている事例発表を聞くことで,今後の参考としていくとともに,他市の公民館と竹原市の地域交流センターとの交流を深めることを目的とし,オンライン交流会を開催しました。

日時:令和4年5月16日(月曜日)14時00分~15時30分
方法:Zoomを用いたオンライン
事例発表者:尾道市重井公民館 館長 小森 健治 , 尾道市立重井中学校 校長 藤本 弘興
参加者:尾道市3名(事例発表者含む),竹原市10名,広島県2名

重井・竹原市交流会① 重井・竹原市交流会②

〈学びの概要〉
 開会あいさつ,自己紹介の後,事例発表者より「オール重井で協働のまちをつくり隊」というテーマで発表をしていただきました。重井公民館では,公民館を「集う・学ぶ」ための交流の場にすることを重視し,重井中学校との連携のもと,公民館で宿泊体験学習,地域防災学習,公開授業,公開研究会,百人一首大会,学校の文化祭,町民文化祭といった学習や学校行事,地域行事を行っています。これらの取組が子供たちの成長につながるとともに,子供たちが地域の魅力を発見するためのきっかけにもなっているそうです。また,「総合的な学習の時間」で中学生が地域の方と一緒に「重井町郷土かるた」を作成したことも紹介されました。
 事例発表の後,質疑応答・意見交換を行いました。「地域と学校の会議をどのように行っているか」「小学校とはどういった連携を行っているか」「学校側の窓口は誰が担っているのか」等,具体的な内容についてより詳しく話をしていただきました。
 今回の交流会を通して,学校と公民館の連携の在り方について理解を深めることができたことと思います。今後のプロジェクトの実施に向けて大きな一歩となりました。
 
 発表資料「オール重井で協働のまちをつくり隊」 (PDFファイル)(2.49MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする