ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度広島県公民館等職員研修会

県内の公民館等職員を対象に研修を実施します。 

 公民館や公民館類似施設の職員として求められる役割について専門的見地からの講演を聞き,ニーズや職務内容に応じた講義・演習を通して,生涯学習・社会教育に関する重要なポイントを学ぶことで,事業の企画・立案,人や情報のコーディネート,地域づくり・まちづくりの推進などの取組の中心的な役割を担う公民館等職員の専門性の向上を図る。(広島県公民館連合会との共催)

平成30年度広島県公民館等職員研修会
実施要項 (PDFファイル)(207KB)

日時及び場所

(1)西部会場
    日時:平成30年11月28日(水曜日)午前10時~午後3時30分
    場所:大竹市総合市民会館(大竹市立戸一丁目6-1)
(2)東部会場
     日時:平成30年11月29日(木曜日)午前10時~午後3時30分
     場所:庄原市ふれあいセンター(庄原市西本町四丁目5-26)

参加者

公民館及び公民館類似施設等の職員,市町関係課職員等(各会場100名程度)

日 程

日程

行政説明

ひろしまの土砂災害を知る・学ぶ・伝える ~防災の取組に関する県の支援について~
広島県土木建築局砂防課

講演

演題:学びを通じた地域づくりの推進に果たす公民館等の役割
講師:文教大学人間科学部人間科学科 准教授 青山 鉄兵

分科会

〇第1分科会 地域づくりのための学習プログラム
  内容:地域課題を踏まえた学習プログラムの作成ポイント等について学び,学習プログラムをリデザインする力を身に付ける。
  グループ演習支援者:公民館等職員5名(各会場)
  コーディネーター:広島県立生涯学習センター 主任 齋藤 裕磨

〇第2分科会 地域づくりのための広報
   内容:公民館だよりや講座チラシの作成ポイント等について学び,広報活動を通じた地域づくりの在り方について考える。
  実践事例発表者:広島市中央公民館 館長 岡田 真次
  コーディネーター:広島県立生涯学習センター 社会教育主事 濱本 篤史

〇第3分科会 地域づくりのための学びの場とコーディネート
   内容:地域づくりにつながる公民館等の実践について意見や情報を交流し,学びの場をコーディネートする公民館等の在り方を考える。
  実践事例発表者:大竹市玖波公民館 社会教育指導員 河内 ひとみ
  コーディネーター(西部会場):広島市湯来西公民館 主事 山本 倫代
  コーディネーター(東部会場):福山市まちづくり推進部人権・生涯学習課 社会教育主事 田中 久雄
  コーディネーター:広島県立生涯学習センター 社会教育主事 松田 愛子

《持参物》 各分科会ごとに持参物があります。詳細につきましては,実施要項をご覧ください。

平成29年度の実施報告はこちらから
過去の実施報告はこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする