このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県長寿命化技術活用制度について

印刷用ページを表示する掲載日2022年4月19日

広島県長寿命化技術活用制度について

 老朽化が進む公共土木施設を適切に維持管理していくため,平成26年度からインフラ老朽化対策

推進事業を展開しております。

 この中で維持管理に係るコスト縮減等に取り組むため,民間等から長寿命化に資する技術を募集し,

活用効果のある技術について登録を行う「広島県長寿命化技術活用制度」を平成26年度に創設し,

県内の公共事業での活用を推進してきたところです。

 令和4年4月19日をもちまして「広島県長寿命化技術活用制度」を「広島県建設分野の革新技術

活用制度」に改正しました。

 「広島県建設分野の革新技術活用制度」の概要については,下記リンクからご覧ください。

長寿命化技術の登録状況

長寿命化技術の活用推進

登録技術の効果を周知し,一層の利用促進を図ることなどを目的として,『インフラ長寿命化技術フェア広島』を開催しました。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする