このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナへの差別の防止や相談窓口

印刷用ページを表示する掲載日2022年1月25日

差別の防止

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました。新型コロナウイルス感染症に関する様々な差別的な取り扱いが報告されています。こうした偏見や差別は決して許されません。
「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」における差別的取扱い等の防止に関する規定の周知について (PDFファイル)(655KB)

差別的な取り扱いの例

  • 感染したことを理由に解雇される
  • 回復したのに出社を拒否される
  • 病院で感染者が出たことを理由に子供の保育園等の利用を拒否される。
  • 感染者が発生した学校の学生やその家族に対して来店を拒否する。
  • 感染者個人の名前や行動を特定し、sns等で公表・非難する
  • 無症状・無自覚で訪れた店舗から謝罪や賠償を強要される

解雇されたイラスト 保育園登園拒否のイラスト ネット検索のイラスト インターネットの誹謗中傷のイラスト

相談窓口

このような差別に関する相談は、下の相談窓口にご相談ください。

民間団体による相談受付

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする