ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県職員採用試験情報 > 結婚・出産・育児について

結婚・出産・育児について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月4日更新

 結婚・出産・育児に関する休暇や制度は,女性のみならず男性についても整っており,働きながら育児をしている職員はたくさんいます。ここにあげたもの以外にも育児などをサポートする様々な制度が整っています。 

休暇・休業制度

制度内容
出産休暇出産予定日の前後8週間休暇を取得できる制度
配偶者出産休暇配偶者の入院等の日から出産後2週間までの間に3日以内の休暇を取得できる制度
育児休業制度(男女とも)育児(3歳まで)のために休業することができる制度
育児短時間勤務制度(男女とも)小学校就学前の子どもを養育するために週19時間25分~24時間35分の短時間勤務とすることができる制度(通常の勤務は週38時間45分)
家族看護等休暇家族の看護や義務教育終了前の子の学校行事等への参加のために年5日以内の休暇を取得できる制度
 

給与面などの制度

期間内容
出産休暇中給与は全額支給されます。
育児休業中給与は支給されませんが,共済組合から育児休業手当金が支給されます。
育児短時間勤務中勤務時間に応じた額の給与が支給されます。

 

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。