ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県職員採用試験情報 > 先輩職員インタビュー【林業】

先輩職員インタビュー【林業】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月26日更新

林業 

【主な職務内容】
安定的な県産材の生産体制の構築や,県産材の需要拡大に向けた新規需要の創出など,林業・木材産業の振興に携わるほか,山地災害の未然防止や復旧対策,県民による森づくり活動への支援,自然環境の保全など,幅広い業務を行います。

【主な勤務先】
農林水産局等の各課及び農林水産事務所,総合技術研究所等

※配属歴の組織名・職名等は当時の名称です。

農林水産局

美田技師 美田技師

農林水産局 北部農林水産事務所 林務第二課(平成28年12月現在)
技師 美田 雅子

【配属歴】
平成23年4月~ 農林水産局林業課 技師
平成26年4月~ 北部農林水産事務所林務第二課 技師

現在の担当業務のやりがい・魅力は何ですか?

現在は,森林内からの木材運搬や,災害時の避難・迂回に利用される林道を開設する工事の監督業務を担当しています。
森林を適切に手入れし,山地を保全するために,その管理のための道を開設する,森林保全や林業・木材産業の振興の下支えとなる基盤的な仕事です。地元住民の要望にも応えながら,広範な森林の施業・保全に役立つよう,工事を進めています。
今まで,車の入れなかったような広範な山林内へアクセスする道路であるため,地図上では真っ白だった部分に,工事が進むごとに線が一本入っていく,地図に残る仕事です。

業務の中で心掛けていることは何ですか?

林道は,山地の保全,林業・木材産業を主眼としているため,できる限り最小限のコストで,必要最小限の構造で開設しています。
その反面,山の中にあり,地形はとても急であることが多いため,地元からの要望も踏まえつつ,安全に走行でき,災害の少ない林道となるよう,コストを考えながら工夫しています。

職場はどんな雰囲気ですか?

男性が多い職場ではありますが,常に和気あいあいとしています。
何かトラブルがあったで時もフォローしあい,いつも冗談の飛び交う楽しい雰囲気の職場です。
業務での課題も,個人主義ではなく係で議論しながら解決していく土壌があります。

林業職の魅力は何ですか?

林業職は,森林や山地の保全・保護から,木材の生産,製材産業の振興に至るまで,多岐にわたる仕事内容があります。
道路工事の発注や監督を行うこともあれば,木の伐採や植林の推進,土砂崩れなどの復旧,動植物の保全や自然公園の管理まで,多くの業務があるので,同じ林業職でもいろいろな経験を積むことができます。

さまざまな経験を積んだ先輩方から日々吸収しつつ,自身の経験を積みながら,多彩な視点で業務に取り組むことができます。

あなたの「欲張り」ライフについて教えてください。

仕事をうまく調整できれば,平日に休暇取得もできるため,平日に都合のよい友人と予定を合わせて,旅行に行ったりすることも可能です。
プライベートでも友人と山に登ったり,山のコテージに泊まったり,スキー場(山)にいったり,休日にも山を楽しんでいます。
平日も,定時に仕事を終わらせて,音楽・映画鑑賞や食事に行ったりできます。


吉村主任 吉村主任

農林水産局 西部農林水産事務所 林務第二課(平成28年12月時点)
主任 吉村 太一

【配属歴】
平成21年4月~ 広島県立総合技術研究所林業技術センター 研究員
平成23年4月~ 農林水産局林業課 技師
平成27年4月~ 西部農林水産事務所林務第二課 主任

県職員を志望した理由は何ですか?

就職活動の際,国全体の仕事ができる国の職員と悩みましたが,地元の広島に戻り,広島県の森林・林業をより良くしたいと思い,県職員を志望しました。

現在の担当業務のやりがい・魅力は何ですか?

山地災害の未然防止や復旧対策のため,治山ダムや流路,土留等の構造物を作っています。

やりがい・魅力としては,現地調査から始まり,計画,設計,監督と一連の業務を受け持てることです。
構造物の完成時は嬉しいですし,地元の方から感謝の言葉をいただいた際は,担当してよかったと感じます。

業務の中で心掛けていることは何ですか?

県民の方が何に困っており,何を要望されているのか,まず話を聞くことを心掛けています。
また,限られた予算内で,より効果が発揮される構造物をつくることを意識し,業務に取り組んでいます。

林業職の魅力は何ですか?

林業職は,森林のもつ災害防止や木材生産等の多様な機能を発揮させるための幅広い仕事ができる職種です。
僕の場合,入庁時には研究機関の配属になり,木材の強度に関する研究等を担当し,木材消費拡大に微力ながら貢献できたと思います。
また,県内の木材会社の方や国・他県の研究者との交流もできました。
次の部署は,県内の森林資源をいかに有効活用するか計画をたてる部署でした。
現在の部署は森林のもつ防災機能を高めるための治山施設をつくっています。

このように僕が配属しただけでも林業職では様々な業務があり,他にも様々な業務がありますので,広島県の森林・林業行政に深く関わることができます。 

あなたの「欲張り」ライフについて教えてください。

体を動かすのが好きなので,休日は日の出前から昼まで山登り,帰宅後,こどもと公園で遊ぶことが多いです。
たまに県外登山をするなど,リフレッシュしています。


沖主事

農林水産局林業課(平成27年3月時点)
技師 沖 宗一郎

【配属歴】
平成24年4月~ 農林水産局 林業課 技師

現在の担当職務と職場の雰囲気は?

県内の森林資源を管理するデータベースの管理や更新,データベースを管理するシステムの運営や改修を主に担当しています。
職場の雰囲気は,林業職は仲間意識が強く仲が良い職場だと思います。分からない点は聞けば必ず誰かが教えてくれます。
また,プライベートを含めていろんな活動をしている人が多いです。

県職員を志望した理由は?

成果品を納品するという仕事より,その成果物をどう社会に生かすか,を考える仕事をしたいと思ったからです。また,自分の得意分野や経験を生かせる仕事だと思ったことや,地元広島に貢献できることも志望理由の一つです。

どういったところにやりがいを感じますか?

県内の特性や課題を広い視野でとらえることができること,プライベートに使える時間に比較的余裕があること,子育てがしやすいことです。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。