ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地広島県警察トップページ > 少年情報 > 薬物を乱用するとどうなるの?

薬物を乱用するとどうなるの?

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月27日更新

「一度だけなら大丈夫…?かも…」「だめ!」

「一度だけなら大丈夫かも」
なんて,興味や誘惑に負けたら絶対だめ!どの薬物も非常に危険!
薬物はやめられなくなって心身へのダメージだけでなく,犯罪を犯し人生そのものに影響を与え周囲や社会へ大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

薬物を一度でも乱用すると・・・こんな恐ろしい結果に!


一度使用しただけで・・

→

依存状態のイラスト

依  存→中   毒
●正常な脳の働きを変えてしまいます。●薬物に頼らなければ生きていけなくなり,やめられなくなります。
薬物がないと強く不安になり常に薬物のことを考え続けます

●中毒,薬物精神病になります。このため,被害妄想,恐怖感にとらわれ,重大・悪質な犯罪を起こすおそれがあります。視神経,肝臓,腎臓に影響を受けます。

 

↓↓

 

急性中毒

→

後遺症状
●薬物の量や,作用によって,急性中毒死を引き起こすこともあります。●薬物の使用を一時的にやめることができても,突然幻覚や妄想などの中毒症状がでるフラッシュバックなどに苦しむことになり,再び乱用が始まり依存性が強まります。

中毒症状のイラスト

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。