このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県道路整備計画2021の策定について

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月19日

 広島県道路整備計画2021を令和3年3月に策定しました。策定にあたっては,社会資本整備調整会議を開催し,地元市町の意見を十分に伺いながら,事業実施箇所等を選定しました。

策定の趣旨

 広島県では,県の総合計画である「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」が目指す広島県の将来像を実現するため,社会資本マネジメントの基本方針として策定している「社会資本未来プラン」の道路分野の整備計画として,道路整備計画を策定しています。
 広島県道路整備計画2016が令和2年度で終了すること,また将来を展望する上で特に考慮が必要な情勢変化等を踏まえ「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」と「社会資本未来プラン」が策定されたことから,これら上位計画と整合を図りながら,広島県道路整備計画2021を策定するものです。

計画の位置づけ

計画の概要

計画期間

 令和3年度~7年度(5年間)

投資予定額

 おおむね2,150億円(国直轄事業負担金を含む)

計画策定の基本方針

 広島県の目指す姿を実現するため,現状と課題から,6つの施策を取組方針としました。

施策1:県土強靭化のための道路ネットワークの強化

施策2:安全で快適な道路空間の形成

施策3:物流生産性向上のための道路ネットワークの構築

施策4:地域内外の交流連携を支える道路ネットワークの構築

施策5:コンパクトで持続可能なまちづくりに資する道路整備

施策6:道路施設の適正な維持管理

取組方針

計画ダウンロード

道路整備計画2021

 

【 表紙 】

【 目次 】

【 計画 】
 1.総論

 2.前計画の成果の検証

 3.6つの施策の取組方針

 4.事業箇所一覧(R3~R7)

【 裏表紙 】

全ページをまとめたファイルはこちらです。

道路整備計画2021(取組事例集)

 道路整備計画2021の施策に基づいた取組事例を紹介します。
 
みちひさくん
 
 


全ページをまとめたファイルはこちらです。

関係計画

安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン(令和2年10月改定)
社会資本未来プラン(令和3年3月改定)
広島県道路整備計画2016(平成28年3月改定)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする