このページの本文へ
ページの先頭です。

建設業の許可制度について

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月13日

建設業法改正に関するお知らせ【R2.9.15更新】

令和2年10月1日から許可要件や様式等の一部が変更になります。
また、10月1日の申請受付分(新規・追加・更新とも)より、適切な社会保険への加入が許可要件となりましたのでご注意下さい。
概要は、以下の国交省ホームページでご確認ください。 

 

【重要】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策に伴う措置【R2.5.29更新】

 

 

【大臣許可業者のみなさまへ重要なお知らせ】

令和2年(2020年)4月1日から
建設業許可関係、経営事項審査の各種書類は
各地方整備局等へ直接提出となりました。
広島県窓口への提出・受付は行えませんのでご注意下さい。
詳細な提出方法等はお近くの地方整備局へ確認願います。


このことに伴い,大臣許可業者に対して広島県知事が発行していた

建設業者許可確認書についても発行を終了しました

 

建設業を営もうとする者は,軽微な工事を除いて,建設業法に基づく建設業の許可を受けなければなりません。
※詳細は,ページ下部の【関連情報】および【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

 

  • 建設業許可制度の概要について
  • 「建設業許可申請の手引き」について
  • 建設業許可申請書など様式について
  • 建設業許可証明申請について
  • 個人情報の取扱いについて
  • 広島県内に主たる営業所がある建設業者の一覧表【令和2年2月29日現在】

〔ファイル内の表示説明〕 市区町別・五十音順

  • 商号で*印のものは,表示できない漢字を示しています。
  • 許可業種等は,略号により表示しています。 

  このホームページに関しては,土木建築局建設産業課(電話:082-513-3822)にお問い合わせください。
  申請に関しては,申請の窓口(主たる営業所を所管する県の建設事務所(支所))にお問い合わせください。

関連情報

手引き

様式

※令和2年10月1日改正に伴う新様式について公開しました。

 

そのほか

 

 

 

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする