このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

強度行動障害支援者養成研修の実施について

印刷用ページを表示する掲載日2020年6月1日

1 広島県強度行動障害支援者養成研修について

 行動障害のある人のうち,生活環境への著しい不適応行動や,自傷や他害行為など危険を伴う行動を頻回に示す,いわゆる強度行動障害のある人に対して,障害福祉サービス事業所などにおいて適切に支援が行えるよう,支援者に基礎的な知識と技術に関する情報を提供することを目的とします。
 平成30年度からは,県が指定した研修事業者が実施します。

新着情報

令和2年6月1日 ◆研修開講一覧を更新しました。

※研修に係る問合せ及び受講申し込みは,各研修実施者に直接行ってください。(受講資格などは各研修実施者によって異なります。)

◆令和2年6月1日強度行動障害支援者養成研修の開催予定一覧 (Excelファイル)(162KB)

 

 

 

2 研修の指定手続き

新着情報

 令和2年5月29日 広島県強度行動障害支援者養成研修事業者等指定要綱別紙1,別紙2及び広島県強度行動障害支援者養成研事業実施要領の一部を改正しました。(令和2年5月29日から施行し,令和2年4月1日から適用する)

主な改正点

 令和2年5月20日付け厚生労働省障発0520第1号(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部通知)「強度行動障害支援者養成研修事業の実施について(運営要領)」の一部改正に伴い変更しました。

【新旧対照表】広島県強度行動障害支援者養成研修事業者指定要綱別紙1,別紙2 (PDFファイル)(278KB)

【新旧対照表】広島県強度行動障害支援者養成研修実施要領 (PDFファイル)(175KB)

 

 令和2年2月6日 広島県強度行動障害支援者養成研修事業者指定要綱を改正しました。(令和2年4月1日から施行)

主な改正点

「強度行動障害支援者養成研修カリキュラム」を変更しました。

留意事項

(1)施行日以降申請分から適用します。

(2)改正後の告示に基づくカリキュラムの施行時期は令和2年4月1日としますが,令和3年3月31日まで改正前の告示に基づくカリキュラムによる研修実施しても差し支えない取扱いとする経過措置が設けられています。

 ↠【新旧対照表】広島県強度行動障害支援者養成研修事業者指定要綱 (PDFファイル)(271KB)

 ↠【新旧対照表】様式第2号の2(1)及び様式第2号の2(2) (PDFファイル)(195KB)

 

研修を実施する場合は,要綱及び要領に従い,事業者の指定を受けた後,研修の指定を受けてください。事業者の指定及び研修の指定を同時に行うことも可能です。
 事業者指定申請及び研修指定申請は,研修開講日の180日前から30日前までに行ってください。

※研修を実施する場合は,要綱及び要領に沿った適正な研修運営に努めていただくよう,よろしくお願いします。

(1) 

【新】広島県強度行動障害支援者養成研修事業者指定要綱 (PDFファイル)(319KB)

【旧】広島県強度行動障害支援者養成研修事業者指定要綱 (PDFファイル)(309KB)

(2) 

【新】要綱様式 (Wordファイル)(107KB)

【旧】要綱様式 (Wordファイル)(107KB)

(3) 

【新】広島県強度行動障害支援者養成研修事業実施要領 (PDFファイル)(306KB)

【旧】広島県強度行動障害支援者養成研修事業実施要領 (PDFファイル)(283KB)

(4) 

【新】要領様式(事業者指定申請用) (Wordファイル)(187KB)

【旧】要領様式(事業者指定申請用) (Wordファイル)(187KB)

(5) 

【新】要領様式(研修指定申請用) (Wordファイル)(353KB)

【旧】要領様式(研修指定申請用) (Wordファイル)(352KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする