このページの本文へ
ページの先頭です。

飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策に関する補助金について

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月12日

県民の皆様に安心して飲食店を利用してもらえるようにするため、県内の飲食店に対して、アクリル板、非接触体温計、サーキュレーターなどの感染予防対策を目的とする設備の購入に必要な経費を補助します。

※ 令和2年9月8日(火曜日)から令和2年12月25日(金曜日)までの間に購入・支払いが完了したものに限ります。
※ マスク、フェイスガード、消毒用アルコールなどの消耗品は対象外です。

補助金チラシ

対象者

飲食店(※)を経営する法人又は個人であって、次の全てに該当する者
※ 日本標準産業分類「76 飲食店」に該当する飲食店

  1. 広島県内に店舗があること。
  2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること。
  3. 助成対象として申請した内容(経費)に関して同一年度内に同一品目において、国・県・市町等が実施する他の制度(補助金等)から支援を受けていないこと。
  4. 代表者、役員及び従業員が「広島県暴力団排除条例」に規定する暴力団、暴力団員等及び暴力団関係者でないこと。
  5. 業種別に定められている新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを遵守すること。
  6. 国、県等から配布されるポスターを利用者から見えやすい場所に掲示すること。
  7. 県の「広島積極ガード店」に登録すること。
  8. 県の「広島コロナお知らせQR」を導入して利用者に登録を促すこと。
  9. 行政からの要請(特措法に基づく営業自粛要請・時短営業要請等)に従うこと。
  10. 取扱店舗において従業員に感染者が出た場合や、利用者等に感染者が出たことを把握した場合においては、その状況について、遅滞なく、利用者に連絡するとともに、管轄の保健所に報告し、保健所が行う積極的疫学調査に協力すること。また、利用者が把握できない場合などは自主的に店舗名を公表すること。
  11. 県又は県から委託された者が事前通告なしに行う訪問調査に協力すること。

補助額 1店舗当たり上限10万円

※ 消費税及び地方消費税に相当する額を除きます。
※ 店舗を複数有する場合、店舗ごとに申請できます。

補助上限額

対象経費

  1. 飛沫感染予防対策
    アクリル板、ビニールカーテン、防護スクリーン、パーティション、フロアマーカー
  2. 接触感染予防対策
    非接触体温計、サーモカメラ、コイントレイ、非接触ドアオープナー、非接触ソープディスペンサー、非接触蛇口、非接触消毒液ディスペンサー、足踏み式消毒液スタンド、セルフレジ、自動券売機
  3. 換気による感染予防対策
    換気扇、サーキュレーター
  4. その他、上記3つの分野に該当する感染予防対策に係る設備の設置

※ 設置費、送料も含みます。
※ マスク、ゴーグル、フェイスシールド、消毒用アルコール、手袋、石鹸液などの消耗品は、補助対象外です。
※ エアコン、空気清浄機は補助対象外です。

対象となるもの 対象とならないもの

申請方法

提出書類

□ 提出書類一覧(チェックリスト) PDFファイル(113KB) 
□ 補助金交付申請書兼実績報告書 Wordファイル(36KB) / PDFファイル(213KB)
□ 
購入または設置等した明細が分かるもの(写しでも可能) PDFファイル(57KB)
□ 
店舗内の感染対策等の状況が分かる写真 PDFファイル(42KB)
□ 振込先口座が分かるもの(通帳の写し)
□ 食品衛生法に基づく飲食店営業または喫茶店営業の営業許可証(写し)

※ ダウンロードが困難な場合は、下記に記載の「書類提出先・問い合わせ先」までご連絡ください。資料一式を郵送します。

提出方法

簡易書留やレターパックなど、申請者が郵便物の到達を確認できる方法で送付してください。(送付先はこちら

申請受付期間

令和2年10月12日(月曜日)~令和2年12月25日(金曜日)消印有効

書類提出先・問い合わせ先

広島県飲食店新型コロナ対策補助金事務局

〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-1-22 広島興銀ビル11階
【電話】 082-546-1211
【受付時間】 10:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日は除く)

参考情報(国・広島県・市町による支援制度)

国による支援制度

※ 小規模事業者持続化補助金の採択者は、広島県による上乗せ補助が受けられます。https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/75/hiroshimakenkinkyuhanro.html

広島県による支援制度

県内市町による支援制度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする