このページの本文へ
ページの先頭です。

広島積極ガード店について

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月16日
登録申請に関してのお願い

既に「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」である店舗の場合は,電子申請システムまたは申請登録用紙の「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」への宣言状況の欄において,【宣言 済】にチェックを入れるとともに,宣言書に記載してある宣言番号(“2”から始まる7桁の数字)を入力または記入してください。

 

新たに「広島積極ガード店」の仕組みを作りました

 広島県では、県内の飲食店の方々が自主的に新型コロナウイルスの感染予防に取り組まれていることを広く県民の皆様に知らせることによって、安心して飲食店をご利用いただくために、今年5月から「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言」の仕組みをスタートさせています。

 飲食店はマスクを外すリスクがあり、実際に県内感染者の感染場所としても飲食店が多いことなどを踏まえ、これまで以上に県民に安心して飲食店を利用していただくため、この度、一定水準以上の感染予防に取り組んでいる飲食店を県民の皆様にお知らせするため、「広島積極ガード店」という新たな仕組みを作りました。

※ この取組は、店舗ごとの自主的な感染症予防策を「見える化」し、県民のみなさまが安心して店舗を利用できる環境をつくることが目的であり、広島県が各店舗による感染症予防策を認証等する制度ではありません。

「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」との違い

 「県民が安心して店舗を利用できるよう、店舗において自主的に実施している感染症予防策を県民に分かりやすく伝えることを目的とした制度」という意味で、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」と「広島積極ガード店」の目的は同じです。

 一方で、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」については店舗ごとに感染症予防策の取組内容に強弱があるため、「広島積極ガード店」は、業界の定めるガイドライン遵守や感染者発生時の行政への積極的な協力など、自主的ではあるが、一定の水準以上をクリアした店舗とします。

「広島積極ガード店」の条件

  1. 広島県内に店舗がある。
  2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている。
  3. 業種別に定められている新型コロナウイルス感染症ガイドラインを守っている。
  4. 国や県等から配布される新型コロナウイルス感染症に関するポスター等を利用者から見えやすい場所に掲示している。
  5. 「広島コロナお知らせQR」を導入して利用者に登録を促している。
  6. 行政からの要請(特措法に基づく営業自粛要請・時短営業要請等)に従う。
  7. 従業員に感染者が出た場合や、利用者等に感染者が出たことを把握した場合においては、その状況について、遅滞なく、利用者に連絡するとともに、管轄の保健所に報告し、保健所が行う積極的疫学調査に協力する。また、利用者が把握できない場合などは自主的に店舗名を公表する。
  8. 県又は県から委託された者が事前通告なしに行う訪問調査に協力する。

【参考】ガイドライン各種

「広島積極ガード店」への登録方法

次のいずれかにより「広島積極ガード店」として登録されます。

  1. 県の食品生活衛生課に登録申請を行う。(電子申請または紙申請どちらでも対応可。) 
    ※ 既に「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」である店舗の場合は,電子申請システムまたは申請登録用紙の「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」への宣言状況の欄において,【宣言 済】にチェックを入れるとともに,宣言書に記載してある宣言番号(“2”から始まる7桁の数字)を入力または記入してください。
  2. 国の「Go To Eat」キャンペーンに参加する。
  3. 県の「新型コロナウイルス感染症予防対策事業補助金」の交付を受ける。

※2と3については、それぞれの対象条件が「広島積極ガード店」の条件と同じであるため登録申請は不要。ただし、2のうち、食事券ではなくオンライン飲食予約(ポイント制)に参加する場合は郵送する申請書の提出が必要。

登録申請の流れ

  1. 既に「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」になっている飲食店の方
  2. 現時点で「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」ではない飲食店の方
 
1.既に「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」になっている飲食店の方

(1) 国の「Go To Eat」キャンペーンに参加している(今から参加する)飲食店の場合
⇒ 申請の必要なし(※)。後日、県から「広島積極ガード店」のステッカーを送りますので、店舗入口の利用者からよく見える場所に貼り付けてください。

(2) 「新型コロナウイルス感染症予防対策事業補助金」を活用する飲食店の場合
⇒ 申請の必要なし(※)。後日、県から「広島積極ガード店」のステッカーを送りますので、店舗入口の利用者からよく見える場所に貼り付けてください。

※ 国の「Go To Eat」キャンペーン(プレミアム食事券)への参加、あるいは「新型コロナウイルス感染症予防対策事業補助金」を活用する場合は、同時に「広島積極ガード店」の条件を満たすことになるため、申請の必要はありません。

(3) 上記(1)・(2)以外の飲食店の方
⇒ 「広島積極ガード店」の条件を満たす場合は,電子申請もしくは申込登録用紙(郵送またはFAX)により申請してください。

 
2.現時点で「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」ではない飲食店の方

(1) 上記1の(1)または(2)の条件を満たしてキャンペーン参加や補助金を活用する飲食店の場合
⇒ 申請の必要なし。後日、県から「広島積極ガード店」のステッカーを送りますので、店舗入口の利用者からよく見える場所に貼り付けてください。

(2) 宣言店のすべての宣言項目にチェックが付く飲食店の場合
⇒ 「広島積極ガード店」の条件を満たす場合は,電子申請もしくは申込登録用紙(郵送またはFAX)により申請してください。

(3) 宣言店の一部の宣言項目にチェックが付く飲食店の場合
⇒ 「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の申請をしてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする