ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康 > 広島県アルコール健康障害サポート医について

広島県アルコール健康障害サポート医について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月13日更新

広島県アルコール健康障害サポート医について

アルコール健康障害サポート医とは?

 広島県では「広島県アルコール健康障害対策推進計画」(平成29年3月策定)に基づき,「アルコール健康障害サポート医」を養成することとしています。

 広島県アルコール健康障害サポート医等設置要綱 (Wordファイル)(23KB)

アルコール健康障害サポート医の区分

●サポート医
 役割 : アルコール健康障害に関する相談
 対象 : かかりつけ医,産業医,救急医等
 要件 : 広島県で実施する「アルコール健康障害サポート医養成研修」を受講していること。

●サポート医(専門)
 役割 : アルコール健康障害の早期介入
 対象 : 精神科医等
 要件 : 広島県で実施する「アルコール健康障害サポート医(専門)養成研修」を受講していること。

養成研修について

●アルコール健康障害サポート医養成研修
【第1回(西部)】
 日時 : 平成30年1月25日(木) 19:00~21:00
 場所 : 広島県医師会館2階201会議室(広島市東区二葉の里3丁目2番3号)

【第2回(東部)】
 日時 : 平成30年2月1日(木) 19:00~21:00
 場所 : 福山市医師会館4階講堂(福山市三吉町南2丁目11番25号)

 ★詳しい情報については,こちらを御覧ください → サポート医養成研修 開催要領・申込書 (Wordファイル)(24KB)
 ★申し込みは,申込用紙を当課までFAXまたはメールしてください。
 ★研修受講は無料です。

●アルコール健康障害サポート医(専門)養成研修
 日時 : 平成30年3月18日(日) 10:00~16:30
 場所 : 広島県医師会館

 ※内容は調整中です。

広島県アルコール健康障害サポート医一覧

 ※養成研修を受講し,同意いただいた方を「広島県アルコール健康障害サポート医」として当該ページに掲載させていただく予定です。

広島県アルコール健康障害サポート医の実施する業務について

 かかりつけ医等からアルコール依存症専門の医療機関への連携を促進するため,サポート医の医療連携に関する要領を定めています。

広島県アルコール健康障害サポート医等業務実施要領 (Wordファイル)(50KB)

紹介の流れ

連携フロー図

サポート医等への紹介及びサポート医等からの紹介は,原則として次の手順とします(上記連携フロー図参照)。

(1)紹介元は紹介先に,電話等によって患者紹介及び受診予約をする。
(2)紹介先は,紹介元に受診予約日を回答する。
(3)紹介元は,患者に紹介先の受診日を伝えるとともに,「診療情報提供書」(様式1の上半分を記入)を手交する。(「様式1」以外の様式でも可)
(4)患者は「診療情報提供書」を持って,紹介先の医療機関を受診する。
(5)紹介先は初回診察終了後,「診療情報提供書・返信用」(様式1の下半分を記入)により,紹介元に診察の状況を返信する。(「様式1」以外の様式でも可)

紹介状況の報告

当該業務の有効性を検証するために,上記の紹介を実施した場合は次のとおり報告をお願いします。

(1)紹介した場合,紹介元は「紹介・受診受付報告書」(様式2)の「業務報告日」及びその日の「患者紹介の件数」を記入し,その都度,広島県健康福祉局健康対策課にFAXする。
(2)紹介によって患者が実際に受診した場合は,紹介先は初回受診時に「紹介・受診受付報告書」(様式2)の「業務報告日」及びその日の「受診された件数(紹介によるもの)」を記入し,その都度,広島県健康福祉局健康対策課にFAXする。

【様式集】

○様式1 診療情報提供書(アルコール健康障害) (Wordファイル)(25KB)

○様式2 紹介・受診受付報告書 (Wordファイル)(24KB)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ