このページの本文へ
ページの先頭です。

「医療法人の手引」について

印刷用ページを表示する掲載日2022年10月6日

・第7次医療法改正(平成28年9月1日施行分)等による医療法人制度の見直しに伴い,医療法人の設立認可,定款変更などの関係手続きをまとめた「医療法人の手引」を改訂しました。

・令和3年8月より押印が不要となった様式を改訂しました。社員総会等の「議事録」及びその写に付す「原本証明」には,従来どおり押印が必要ですので御留意ください。また,第三者に委任する場合は,医療法人の理事長(設立代表者)からの委任状(理事長の押印がされたもの)の提出も併せて,お願いします。

医療法人の設立について

・医療法人の設立認可については,広島県医療審議会法人部会(8月及び2月頃に開催)に諮問するため,申請の受付は次のとおり年2回となりますので注意してください。御提出の際には必ず医療法人設立認可チェックリストを添付の上,提出してください。

定款変更認可申請

第7次医療法改正のモデル定款に改正するための新旧条文対照表(例)を作成しました。(社団医療法人用)

新旧条文対照表(例)
持分あり(基金制度なし) 持分なし(基金制度あり)
新旧条文対照表例(持分あり) (Wordファイル)(37KB) 新旧条文対照例(持分なし) (Wordファイル)(39KB)

ダウンロード

参考

医療法人の事業報告書等について

こちらのページをご覧ください。

特定医療法人について

特定医療法人制度について(厚生労働省HPにリンクします)

特定医療法人の承認要件の見直し等について(平成30年3月30日医政支発0330第3号)

社会医療法人について

こちらのページをご覧ください。

医療法人の業務範囲

医療法人の業務範囲

関係通知

医療法人会計基準について(Q&A) (平成30年3月30日)(PDFファイル)(153KB)

医療法人の計算に関する事項について(平成28年4月20日) (PDFファイル)(424KB)

医療法人会計基準適用上の留意事項並びに財産目録,純資産変動計算書及び附属明細表の作成方法に関する運用指針(平成28年4月20日) (PDFファイル)(593KB)

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする