ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

1 申請の流れ(概要)

印刷用ページを表示する掲載日2018年12月1日
厚生労働省のガス障害者救済制度は,次の順番で申請することになります。制度や申請書類の詳細については,それぞれ該当ページの内容を確認してください。

(1)  健康管理手帳 (毒ガス業務に従事した方)

認定を受けると交付されます。
毎年,健康診断を受診できます。

 申請に必要なもの
 
申請書・履歴書・戸籍抄本・証拠書類または事実申立書(2名以上)

(2)  医療手帳 (ガス障害にり患した方<ガス障害者>)

健康診断の結果,治療が必要と判断されれば交付されます。
ガス障害と関係する疾患について,医療費が免除されます。

 申請に必要なもの
 
申請書・健康診断成績表

(3) 手当 (ガス障害者で病状が手当の認定基準に該当する方)

症状に応じて次の手当が支給されます。

毒ガス障害者手当
種類 内容 月額
特別手当 毒ガスなどの影響を強く受け,ガス障害の重篤な方に支給されます。 103,270円
医療手当

特別手当の支給を受けている方で,ガス障害に係る療養を受けた日数によって支給されます。(療養を受けた日数によって金額が異なります。)

35,850円

34,430円

健康管理手当 一定の症状があり,治療を継続しているガス障害者に支給されます。 34,430円
保健手当 過去に特別手当,健康管理手当を受けたことがあり,ガ障害の再発のおそれがある方に支給されます。 17,270円
介護手当

ガス障害の影響で介護を要する状態にあり,介護を受けている方に対し,障害の程度及び介護の態様により,支給されます。

○介護費用を支出している重度のガス障害者

○介護費用を支出している中度のガス障害者

○家族の介護を受けている重度のガス障害者

105,290円以内

70,190円以内

21,980円以内

 

関連情報

2 健康管理について
3 医療について
4 特別手当について
5 医療手当について
6 健康管理手当について
7 保健手当について
8 介護手当について

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする