このページの本文へ
ページの先頭です。

DVとは

印刷用ページを表示する掲載日2022年12月7日

DVとは「ドメスティック・バイオレンス」の略で,配偶者やパートナーからの身体的・性的・精神的・経済的暴力のことをいいます。

また,10代や20代などの若い恋人同士の間でもDVが起こっており,「デートDV」と呼ばれています。

暴力には,さまざまな形があり,多くはそれらが重なりながら,くり返されていきます。

【DVの例】

暴力の種類 暴力行為
身体的暴力

なぐる,ける
物を投げつける
身体を傷つける可能性のある物でなぐる
刃物などを突きつける
髪をひっぱる,突き飛ばす,首をしめる
熱湯をかける(やけどさせる)

精神的暴力

大声でどなる,ののしる,物を壊す
何を言っても長時間無視し続ける
ドアをけったり,壁に物を投げつけたりしておどす
人格を否定するような暴言を吐く
暴力行為の責任をパートナーに押しつける
子供に危害を加えるといっておどす
インターネットなどで誹謗中傷する
交友関係や電話・メールを細かく監視する
行動や服装などを細かくチェックしたり,指示したりする
家族や友人との関係を制限する
他の異性との会話を許さない

経済的暴力 生活費をわたさない,使わせない
外で働くことを妨げる
性的暴力 無理やり性的な行為を強要する
見たくないのに,ポルノビデオやポルノ雑誌を見せる
避妊に協力しない
中絶を強要する

【暴力のサイクル】

暴力はくり返し起こり,次第にサイクルの速度が増して,
暴力も激しくなっていく傾向があると言われています。

<暴力のサイクル>

どんな理由があろうと,誰からであっても,暴力を受けていいという理由はなく,
程度に関係なく,暴力は決して許される行為ではありません。

 

一人で悩まないで,勇気を持って,相談機関に相談しましょう。

 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする