このページの本文へ
ページの先頭です。

旅券を紛失又は焼失された人

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月9日

紛失届出書の提出

 このページは,旅券を紛失したり,焼失したりした方の届出の説明です。来月,海外旅行へ行くので,自宅内のいつもの保管場所を探しても見つからない?引っ越しをした時に,誤って不要なものと一緒に処分してしまったかも?など,旅券を紛失等された場合は,旅券が海外で日本国政府が外国の政府に対して,その所持人が日本国民であることなどを証明し,保護と援助を要請する公文書であることから,遅滞なく,その旨の届出をしなければいけません。
 紛失の届出を出されると,ただちに旅券が失効してしまい,手続後に,紛失した旅券が見つかっても,その旅券はもう使えません。旅券の所在をいま一度ご確認のうえ手続きをしてください。

  1. 申請者
    申請者本人が必ず窓口へおいでください。(代理人による届出はできません。)
  2. 申請場所
    県内のどの市町の旅券窓口でも届出できます。
    下記の必要書類を揃えて,県内市町の旅券窓口をご確認のうえ,届出してください。

    《申請場所・時間の注意事項》
    受付時間は,市町によって異なります。届出しようとする市町の受付時間を,こちらの旅券窓口一覧や各市町の窓口等にて事前にお確かめください。
       特に,住民登録をしていない市町での申請にあたっては,旅券窓口一覧窓口開設時間及びその備考欄をご確認のうえ,窓口へお越しください。
      なお,手続ができる市町の旅券窓口一覧に記載のない広島市の区役所・出張所や市町の支所などでは,旅券の手続は行っていません。

手続きに必要なもの

  1. 紛失一般旅券等届出
    《記入にあたっての注意事項》
    〇黒ボールペン又は黒インクで記入してください。
    〇消しゴムで消せるボールペンや先の太いサインペンなどは使用しないでください。
    〇申請者ご本人が記入してください。(乳幼児は代筆ができます。)
    〇紛失届出書には,本籍地を記入する欄があります。本籍地が不確かな方は,あらかじめ本籍地(都道府県・市区町村から地番まで)をお確かめのうえ,届け出てください。
    〇未成年者が届出する場合は,届出書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者の署名が必要です。
    〇親権者が遠隔地にいるため,届出書裏面に直接署名できない場合は,親権者が署名した「紛失一般旅券等届出同意書」を届出書とあわせて提出してください。
    紛失一般旅券等届出同意書 (PDFファイル)(28KB)
     
  2. 写真 1枚(詳細は写真規格と写真例(外務省HP)を参照してください。)
     
  3. 住民登録している市町以外での手続では,住民票の写し必要です。(住民登録している市町で手続される場合は,住民票の写しは不要です。)
     
  4. 本人確認書類(運転免許証などが必要です。下記の本人確認書類でお確かめください。)
     
  5. 警察署への紛失・盗難届出立証書類(警察署への届出受理番号を控えて来ていただくことで書類に替えることができます。),罹災証明書(火災にあった場合)などがあれば提出してください。(コピー可です。)

    《関連情報》 
    紛失届出書の提出と同時に,新たに旅券が必要な人は,手続きガイドの「初めて旅券を申請される場合と同様の手続きをあわせてしてください。

    《本人確認書類について》
    氏名,生年月日,性別,ふりがななどが申請書の記載内容と一致しているものに限ります。
    有効な原本をご用意ください。(コピーは不可です。)
  • 1点で確認できるもの
    ◇運転免許証
    ◇写真付き住民基本台帳カード
    ◇マイナンバー(個人番号)カード(通知カードは不可)
    ◇小型船舶操縦免許証(海技免状)
    ◇身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)
    ◇猟銃等所持許可証
    ◇戦傷病者手帳
    ◇宅地建物取引士証
    ◇電気工事士免状
    ◇無線従事者免許証
    ◇運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの) など
  • 2点必要なもの(AとBから1点ずつまたはAから2点を提示してください。)
    (A)
    ◇健康保険証
    ◇国民健康保険証
    ◇共済組合員証
    ◇船員保険証
    ◇後期高齢者医療被保険者証
    ◇介護保険被保険者証
    ◇身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされていないもの)
    ◇国民年金証書(手帳)
    ◇厚生年金証書(手帳)
    ◇船員保険年金証書(手帳)
    ◇共済年金証書
    ◇恩給証書
    ◇印鑑登録証明書と印鑑(※注 例えば,お子様の確認物として,世帯主の印鑑登録証明書を使用される場合は,お子様と世帯主様の関係を証明する必要があります。世帯主の氏名及び続柄の記載のある住民票の写しをご用意ください。住民登録のある市町以外で届出される場合のみです。
    (B)
    ◇勤務先の身分証明書,公の機関が発行した資格証明書(以上2点は写真付きのもの)
    ◇在学証明書
    ◇被爆者健康手帳
    ◇雇用保険被保険者証
    ◇住民税の課税台帳記載事項証明書
    ◇所得税の納税証明書
    ◇運転経歴証明書(交付年月日が平成24年3月31日以前のもの)
    ◇学生証
    ◇生徒手帳
    ◇母子健康手帳 など

    ☆上記記載のものは,一例です。ご準備できない場合は,各市町旅券申請窓口へ,ご相談ください。

     《15歳未満の方の本人確認書類》
    15歳未満の人が自分の本人確認書類を提示できない場合は,法定代理人がご自身の確認書類を直接提示することでも構いません。法定代理人の方は,運転免許証や有効なパスポートなどをお持ちください。(参考:旅券Q&A,Q3)

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする