このページの本文へ
ページの先頭です。

栽培技術研究部

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月8日

自動調光

研究部の紹介

栽培技術研究部では,植物の生理・生態に基づき,生産者及び消費者に喜ばれる技術の確立を目指して,次の研究開発を行っています。

  1. 野菜の収量性向上および高品質・高収益化を目指した新栽培技術の開発
  2. 産学官・農工連携による野菜・花き栽培の低コスト・省エネ・軽労化技術の開発
  3. 環境に配慮した生育制御技術による高品質切り花および花壇苗の新栽培法の開発
  4. 地域特産野菜・酒米の品種育成
  5. 普通作物の優良品種選定・種子生産および省力・安定生産技術の開発

メンバー

普通作物担当

園芸作物担当

育種(ゲノム編集)担当

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする