このページの本文へ
ページの先頭です。

東部連続立体交差事業課

印刷用ページを表示する掲載日2020年11月9日

広島市東部地区連続立体交差事業について

 広島市東部地区連続立体交差事業は,JR山陽本線(約3.9km)と呉線(約1.2km)を高架化し,道路と鉄道を連続的に立体交差化する事業であり,広島県と広島市が共同で実施しています。
 広島市南区・安芸区,安芸郡府中町及び海田町の広島都市圏東部地域における鉄道による市街地分断などを解消するとともに,関連の土地区画整理事業や都市計画道路事業を合わせて進めていくものです。

パンフレット

広島市東部地区連続立体交差事業パンフレット (PDFファイル)(4.95MB)

関連リンク

お知らせ

工事説明会開催(令和2年10月12日,19日)

その他の事業について

 東部連続立体交差事業課では,広島市東部地区連続立体交差事業の事業区域である安芸郡府中町,安芸郡海田町の各種事業,及び広島市安芸区の急傾斜地崩壊対策事業を担当しています。

令和2年度に実施している主な事業

〇道路改良事業
 ・一般県道矢野海田線(安芸郡海田町)
 ・一般県道広島海田線(安芸郡府中町)
〇河川改良事業
 ・二級河川尾崎川水系尾崎川(安芸郡海田町)
 ・二級河川瀬野川水系瀬野川(安芸郡海田町)
 ・一級河川太田川水系榎川(安芸郡府中町)
〇通常砂防事業
 ・砂防指定地内河川奥ノ谷川(安芸郡海田町)
〇急傾斜地崩壊対策事業
 ・中野東4丁目20地区(安芸区)
 ・瀬野4丁目地区(安芸区)
 ・船越6丁目17地区(安芸区)
 ・成本12地区(安芸郡海田町)
 ・国信2丁目10地区(安芸郡海田町)
〇街路改良事業
 ・都市計画道路青崎池尻線(安芸郡府中町)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする