このページの本文へ
ページの先頭です。

広島市東部地区連続立体交差事業

印刷用ページを表示する掲載日2020年4月1日

■広島市東部地区連続立体交差事業について

 広島市東部地区連続立体交差事業は,鉄道の高架化によって,踏切の除去及び道路と鉄道との立体交差化をする事業であり,広島都市圏東部地域の交通の円滑化や南北市街地の一体化,踏切の安全確保を図るうえで,重要な事業です。

■事業の概要

事業概要
区間  JR山陽本線 安芸郡海田町成本~安芸郡府中町鹿籠一丁目
 JR呉線 広島市海田町南大正町~安芸郡海田町新町(海田市駅)
高架化延長  約5.1キロメートル(山陽本線約3.9キロメートル、呉線約1.2キロメートル)
除却踏切  JR山陽本線 12か所
 JR呉線 4か所
概算事業費  約915億円 (関連街路整備費を含む)
関連事業  都市計画道路 7路線
 土地区画整理事業 向洋駅周辺土地区画整理事業 約 12.2ヘクタール
向洋駅周辺青崎土地区画整理事業 約 6.1ヘクタール
海田市駅南口土地区画整理事業 約 2.0ヘクタール

位置図
map
完成予想図
広島市東部地区連続立体交差事業完成予想図 

■事業の効果

事業の効果
交通混雑の解消 安全性の向上 地域分断の解消

鉄道の立体化で踏切をなくすことにより交通遮断がなくなり混雑が解消しますkouka1

鉄道の立体化により踏切事故がなくなり、安全性が向上しますkouka2 鉄道の立体化により地域の分断が解消され、移動の利便性が向上しますkouka3

 

■事業の経緯

 昭和63年 4月 連続立体交差事業調査(補助)

 平成  5年 4月 事業採択

 平成11年 3月 都市計画決定

 平成14年 3月 都市計画事業の認可

 平成24年 2月 事業の見直し検討に着手する旨を公表

 平成30年 2月 広島県,広島市,府中町,海田町の4者で見直し内容に合意

 令和元年 5月 都市計画変更

 令和元年10月 都市計画事業の認可

 ■社会資本総合整備計画

 社会資本整備総合交付金は,地方公共団体が,活力創出,水の安全・安心,市街地整備,地域住宅支援といった政策目的を実現するため,社会資本総合整備計画を作成し,計画に基づき,基幹的な社会資本のほか,関連する社会資本やソフト事業を総合的,一体的に整備するための交付金です。
 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合は,社会資本総合整備計画を作成し,国土交通大臣に提出することとなっており,社会資本総合整備計画を次のとおり作成,提出したため,社会資本整備総合交付金交付要綱第10第1項の規定により,計画の公表を行います。

防災・安全交付金事業

整備計画名称 事業種別 計画策定主体 整備計画期間
広島都市圏東部地域における連続立体交差事業によるまちづくり(防災・安全) (PDFファイル)(538KB) 道路事業 広島県

平成28年度~平成29年度

交通拠点連携集中支援事業

整備計画名称 事業種別 計画策定主体 整備計画期間
広島都市圏東部地域における連続立体交差事業によるまちづくり(交通拠点集中連携支援) (PDFファイル)(1.14MB) 道路事業 広島県

平成30年度~平成34年度

 ■リンク

広島市ホームページ「広島市東部地区連続立体交差事業」のサイト<外部リンク>

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする