ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

製造物責任(PL)法とは

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月20日

製品の欠陥により事故にあったら・・・

 製品の欠陥により被害を受けたとき,「製造物責任法(PL法)」により,製造会社などに対して損害賠償を求めることができます。

 ※ 製造物責任(PL)法(消費者庁)外部リンクも参考にしてください。

1.製品の欠陥で事故にあったときは?

○事故状況の保存が大切です。

  1. 事故の原因となった製品は捨てたりせずに保存してください。
  2. 事故の程度がどの程度のものであったかを証明するための証拠は残しておきましょう。(事故状況の写真,病院の診断書など)

2.どんなときに適用されるの?

○製品及び被害の態様により適用される法律が異なります。

適用される法律

ポイント!PL法と民法との違い

 相手側に損害の賠償を請求するとき,民法では相手側の「故意・過失」を証明する必要がありますが,PL法では製品の「欠陥」を証明すればよく,消費者の立証責任はPL法の方が軽いと言えます。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする