このページの本文へ
ページの先頭です。

令和5年度広島県認知症介護基礎研修の実施について

印刷用ページを表示する掲載日2024年1月31日
*****************************************
令和5年度広島県認知症介護基礎研修(県負担)の申込受付は終了しました。
令和6年1月31日9時以降の申込は、受講者負担の申込となります。
なお、受講申込が承認されている方については、令和6年2月29日(木)までに受講を完了してください。
*****************************************

令和3年度の介護報酬改定により、介護サービス事業者に、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者について、認知症介護基礎研修を受講させるために必要な措置を講ずることが義務付けられました。

広島県(業務受託団体 認知症介護研究・研修仙台センター)では、「認知症介護基礎研修」をeラーニングシステムにて開催いたします。

この研修は、今後も認知症の人の増加が見込まれる中、認知症介護に携わる者が、認知症の人や家族の視点を重視しながら、本人主体の介護を遂行する上で基礎的な知識・技術とそれを実践する際の考え方を身につけ、チームアプローチに参画する一員として基礎的なサービスを提供できるようにすることを目的として開催するものです。

なお、令和4年度から、日本語能力レベルN4(J L P T)程度で学べる「やさしい日本語」によるeラーニングシステムが追加されました。また、ベトナム語、英語、インドネシア語、中国語、ビルマ語の補助テキストもダウンロードできます。
 ※ 令和4年8月10日追記
 「やさしい日本語」版受講者用操作マニュアルがダウンロードできるようになりました。
●受講対象者
県内の市町(広島市を除く。)に所在する介護保険施設・事業所等において、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者(※)等とする。
※ 受講義務対象外となる資格については、「R05認知症介護基礎研修実施要領.pdf」の別紙をご確認ください。

●実施期間、申込方法等
申込期間内(令和5年7月10日(月)9時~令和6年1月31日(水)9時)に、下記URLより手続きを行ってください。
詳細については、実施要領をご確認ください。
 ※ 必ず申込期間内に手続きをしてください。
 申込期間前など申込期間外に申込した場合、また、定員に到達した場合は承認できません。

 申込期間外に申込した場合、また、定員に到達した場合は承認できません。
●申込にあたっての注意事項
1 事業所コード発行に係る手続き
(1)事業所コード発行済みの事業所
事業所コードは昨年度の事業所コードをそのままご利用ください。今年度新たに事業所コードを取得する必要はありません。

(2)事業所コード未発行の事業所
今年度から受講される事業所は、事業所責任者が事業所コード発行のための登録を行う必要があります。手続きについては実施要領を参照してください。
なお、事業所コード発行のための事業所登録は申込期間前に行うことができます。

2 メールアドレスの登録
受講者が申込時に登録するメールアドレスは、複数人での重複登録ができません。また、昨年度の受講者が使用したメールアドレスも使用できません。
事業所のメールアドレスなどで登録した場合、意図せず重複してしまうことが考えられますので、必ず受講者自身で受信可能なE-mailアドレスを登録してください。

3 申込期間外に行われた受講申込の取扱い
申込期間内に正しく申込されたものについて、先着順で承認作業を行います。
申込期間の前に申込をされたものは未承認となり、申込期間内に再度申込を行う必要があります。改めて申込を行うまでの間に申込者数が定員となった場合は未承認となりますので、申込は必ず実施要領記載の期間内に行ってください。

●Q&A(※ 令和5年7月5日追記)
●問い合わせ先
広島県健康福祉局地域共生社会推進課 認知症共生グループ
〒730-8511 広島市中区基町10-52 TEL 082-513-3201

eラーニングシステムの運用についての問い合わせは,【認知症介護基礎研修eラーニング用ホームページURL内「問い合わせフォーム「お困りの場合はこちら」】をご利用ください。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ