このページの本文へ
ページの先頭です。

忠海ワークショップ(第2回)

印刷用ページを表示する掲載日2017年7月31日

ワークショップ(第2回)

 忠海地区の第2回ワークショップを平成29年6月11日(日曜日)に竹原市忠海町にある忠海公民館にて開催しました。

テーマ 

  忠海の将来像を共有 ここにしかない風景・大切にしたい風景をつくるためにできること

当日の様子(ワークショップ)

(1)前回の振り返りと≪鉄の三ヶ条≫を約束

 忠海の地域資源や魅力について,前回のワークショップで出た意見を振り返り,「忠海の素敵なところ」「忠海の大切にしたい資源」をみなさんで共有しました。そして,参加者のみなさんに≪鉄の三ヶ条≫として3つのルールを守っていただき,活発な発言や意見交換することを約束しました。

≪鉄の三ヶ条≫

壱 自ら実践する,手を動かす

弐 自立・継続することを前提にする

参 価値観を共有し,それぞれの役割を果たす

 1 2

(2)忠海の将来像の共有と実現のための方法を検討

「どんなまちであってほしいか」「どんな光景を見たいか」について,具体的に考え,参加者一人ひとりの自分の考えを発表し,全員で共有しました。そして,「自分が何をしたいか」具体的なアイディアを出し合い,将来像の実現に向けて自分ができることを考えました。

3 4

(3)アイディアのプロジェクト化!!

  発表された具体的なアイディアの中から,自らが「やりますと宣言するもの」「協力するもの」「応援するもの」を決め,一人ひとり宣言しました。そして,具体的なプロジェクトごとに集まって,どのようなプロジェクトにしたいか意見交換を行い,した。今後は,チームや個人などで,実施プロジェクトの立案を行っていきます!

5 6

ワークショップ結果報告(竹原市作成)

 忠海まちづくり通信 第4号 (PDFファイル)(758KB)

今後の予定

 次回のワークショップは9月に実施する予定です。 
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする