このページの本文へ
ページの先頭です。

電気工事士に関する申請

印刷用ページを表示する掲載日2022年4月5日
お知らせ
(4月4日時点)

本日,県庁東館2階北側フロアで,新型コロナウィルス感染症の陽性反応者が発生しました。
これに伴い,当面申請窓口を閉鎖します。
本日以降,電気工事業及び電気工事士等に関する申請,届出等は,郵送によっていただくようお願い致します。
再開については,県公式ホームページで改めて公開します。御迷惑をおかけしますが,何とぞご理解ください。

※該当項目をクリックしてください※

【手数料納付に関する注意事項】 広島県手数料条例に基づき,納入された手数料は原則返還できませんのでご注意下さい

第一種電気工事士

第一種電気工事士の実務経験が3年になりました。詳しくはこちら (その他のファイル)(51KB)

第二種電気工事士

【電気工事士免状に関する注意事項】 
 第一種電気工事士免状及び第二種電気工事士免状の交付を受けていない者が電気工作物に係る電気工事に従事した場合,次の罰則があります。
・3カ月以下の懲役又は3万円以下の罰金に処する。(電気工事士法第14条)

<関連リンク>

(関係機関)

(試験に関すること)

(指定講習機関)

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,申請書等は原則として郵送によりご提出ください。 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする