このページの本文へ
ページの先頭です。

本文

おぎのこうぎょう 荻野工業株式会社

印刷用ページを表示する掲載日2021年11月4日
外観写真はありません

 自動車の重要保安部品(エンジン、ミッション、ブレーキ)部品を製造し、今年で創業64年目を迎える広島企業です。
 当社の強みは「技術力」、自動車業界の変革に対応すべく電気自動車部品の量産も始めており、材質を問わずミクロン単位の高精度高難度の切削加工が可能です。
 また製造ラインの内製化が可能な為、お客様のニーズへの迅速な対応に高い評価をいただき、最近では新型コロナウイルスワクチン輸送機器の部品も製造しております。

こだわりポイント

広島県のものづくり~オンリーワン・ナンバーワン企業 地域未来牽引企業

各こだわりポイントの説明

企業情報
事業内容・自動車の重要保安部品(エンジン、ミッション、ブレーキ)部品の製造
・新型コロナウイルスワクチン輸送機器部品の製造
・自社オリジナル製品の開発
代表者
代表取締役社長 佐々木 裕孝
本社所在地731-4229
広島県安芸郡熊野町平谷1丁目12-1
電話番号0823-77-1331
メールアドレスmatsumoto.n@oginokk.co.jp
本社ウェブサイト
県内事業所
呉工場(呉市郷原町4010-6)
東広島工場(東広島市高屋台1-12-36)
業種製造業
創業1957年2月
資本金3600万円
会社沿革1957年 2月 荻野六三之が広島市矢賀新町で荻野鉄工所を創業
1959年 9月 東洋工業(株)の協力工場として自動車部品の加工を開始する
1961年 5月 荻野工業(株)として法人の設立
1969年 5月 安芸郡熊野町に工場を建築
1981年 8月 熊野工場に生産及び本社機能を移転
1989年 9月 呉工場完成(呉市郷原町)
1989年12月 冷間鍛造(400t)導入
1990年 3月 熱処理設備導入(浸炭炉2基)
1992年 8月 真空炉(IHI)導入
1994年 5月 マツダ(株)より「品質保証優良」の認定会社になる
1995年 5月 荻野武男が社長に就任
1998年12月 アメーバ経営導入
2000年 4月 OGINO PHILIPPINES CORPORATION 設立
2002年12月 ISO14001 取得認証
2006年12月 OGINO VIETNAM CORPORATION 設立
2009年 2月 ISO/TS16949 認証取得
2013年 6月 メガソーラー発電開始(呉工場)
2015年 1月 OGINO VIETNAM CORPORATION バクニン工場操業開始
2017年 6月 OGINO VIETNAM TU SON CO.,LTD 設立
2018年 5月 ISO9001 認証取得
2019年 1月 東広島工場 完成
2021年 5月 荻野武男が会長に就任 佐々木裕孝が社長に就任
従業員数(全体)434名
従業員数(うち非正規)38名
従業員数(うち女性)118名
年間売上額113億円
主要取引先
マツダ(株)、広島アルミニウム工業(株)、マイクロテクノ(株)、KEFICO、豊テクノ(株)、日鍛バルブ(株)他
職場見学受け入れ可能
担当部署担当窓口:人事総務部 松本
電話:0823-77-1331
メール:matsumoto.n@oginokk.co.jp
備考令和3(2021)年度業界研究講座(広島県立広島大学)に参加

他の企業情報を探す(企業情報検索ページへ)

このページに関連する情報