このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルスの水道水への影響について

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月9日

広島県内の水道水は,国が定める水道水質基準に基づき適切に水質管理を行い,安全に供給しております。

コロナウイルス属に分類されるウイルスに対しては、一般的に、塩素等による消毒の効果が高いため、適切に塩素消毒されている水道水が原因となって新型コロナウイルスに感染することはないと考えられます。

県民のみなさまには,感染拡大防止のため,県や厚生労働省が提供している情報を十分確認するとともに,手洗い,マスクの着用,咳エチケットの徹底をお願いします。

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする