ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

介護現場への外国人の受け入れについて

印刷用ページを表示する掲載日2017年11月1日
  • 介護現場への外国人の受け入れ拡大について

平成28年11月28日付けで,「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律(平成28年第88号。以下「改正入管法」という。)及び「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(平成28年第89号。以下「技能実習法」という。)が公布されました。

これにより,経済連携協定に基づくEPA介護福祉士に加え,介護現場への外国人の方の受け入れが拡大することとなりました。
今後,公布の日から1年以内の施行に向け,国等において準備が進められます。

関連情報は,随時このページにてお知らせします。

外国人の介護技能実習生について

平成28年11月28日に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(平成28年法律第89号。以下「技能実習法」という。)が公布され、今後、平成29年11月1日の施行にあわせ、技能実習制度の対象職種に介護職種が追加されました。

制度の概要及び関係法令等は次の厚生労働省のホームページをご参照ください

また,平成29年9月29日付けで,介護職種における技能実習の要件(介護固有要件)に関する告示がありました。
同時に,介護職種に関する作業基準も定められました。

※介護固有要件は、技能実習法及び関連法令等に基づく技能実習制度(本体制度)の要件を前提としています。介護固有要件以外の要件は本体制度をご参照ください。↓

※監理団体の許可申請、技能実習計画の認定申請、技能実習に関する各種報告や届出など、具体的な手続に関しては、外国人技能実習機構が行っています。

その他

 ◎社会福祉法人における介護職種の技能実習生の受入れ等について(H29.9.29) (PDFファイル)(110KB)  

 ◎新しい技能実習制度スタート(H29.11.1) ~292の監理団体(介護以外含む)に認可~ 外部リンク

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする