このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県ひとり親家庭等自立支援施策の需要調査の結果について(令和元年10月)

印刷用ページを表示する掲載日2020年2月17日

調査の目的

広島県内の母子世帯,父子世帯及び寡婦世帯の生活状況や就労状況等を把握し,支援施策の需要について検討し,自立支援計画策定の基礎を得ること

調査内容

1  調査項目

家庭の状況,養育費の取り決め状況,住宅の状況,就労の状況,家計の状況,

子供の教育等の状況,生活の状況,福祉施策の利用の状況等

2 調査時期

母子・父子:令和元年6月15日~7月1日(調査の基準となる期日:令和元年6月1日現在)

寡婦:令和元年7月16日~7月29日(調査の基準となる期日:令和元年7月1日現在)

3 調査方法

  • 調査地域:広島県全域
  • 調査方法:郵送法
  • 調査対象:県内に居住するひとり親家庭及び寡婦家庭の中から無作為抽出
  • 回収率:母子・父子 40.3%,寡婦 57.0%

調査結果のダウンロード

その他(関連情報等)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする