このページの本文へ
ページの先頭です。

平成18年人口動態統計年報第35号について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 出生,死亡,婚姻,離婚及び死産の5種類の「人口動態事象」について,平成18年(1~12月)の広島県の状況をまとめた「平成18年人口動態統計年報(第35号)」を発行しました。内容については,下記からダウンロードできます。

 なお,平成18年の概況については次のとおりです。

1 出生

  • 出生数は,25,330人(対前年590人増加)

  • 出生率(人口千対)は8.9(高い方から全国10位)

  • 合計特殊出生率は,1.37(高い方から全国22位)(15~49歳の女性の年齢別出生率の合計)

2 死亡

  • 死亡数は,25,722人(対前年143人増加)
  • 死亡率(人口千対)は,9.0(高い方から全国28位)
    三大死因
    第1位 悪性新生物 7,580人 (人口10万対死亡率 266.3)
    第2位 心疾患4,212人 ( 〃 148.0)
    第3位 脳血管疾患 2,884人 ( 〃 101.3)

3 自然増加

  • 自然増加数(出生数-死亡数)は,△392
    戦後(昭和21年以降)初めてマイナスとなった昨年に引き続きマイナス。

4 婚姻

  • 婚姻件数は,16,209組(対前年481組増加)
  • 婚姻率(人口千対)は,5.7(高い方から全国11位)

5 離婚

  • 離婚件数は,5,484組(対前年125組減少)
  • 離婚率(人口千対)は,1.93(高い方から全国33位)

人口動態総覧

項目

実数

広島県

全国

平成18年

平成17年

対前年比

平成18年

平成17年

平成18年

平成17年

出生 25,330人 24,740人

102.4

8.9 8.7 8.7 8.4
合計特殊出生率   1.37 1.34 1.32 1.26
死亡 25,722人 25,579人 100.6 9.0 9.0 8.6 8.6
自然増加

△392人

△839人

 

△0.1

△0.3

0.1

△0.2

死産 629胎 613胎 102.6 24.2 24.2 27.5 29.1
婚姻 16,209組 15,728組 103.1 5.7 5.5 5.8 5.7
離婚 5,484組 5,609組 97.8 1.93 1.97 2.04 2.08

 (注) 各比率の算出方法

  • 出生・死亡・自然増加・婚姻・離婚率=年間の事件数/基礎人口×1,000
  • 合計特殊出生率=(母の年齢別出生児数/年齢別女性人口)の15歳から49歳までの総和
  • 死産率=年間の事件数/年間の出産数×1,000(年間の出産数とは,出生数と死産数を加えたものである。)

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする