このページの本文へ
ページの先頭です。

新大学の設置について

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月9日

 叡啓大学(仮称)の基本情報

公立大学法人県立広島大学では,令和3年(2021年)4月に新たな県立大学として,叡啓大学(仮称)の設置を予定しています。

※これらの情報は予定であり,変更する場合があります。

叡啓大学パンフレット

叡啓大学パンフレット (PDFファイル)(6.22MB)

 
大 学 名

叡啓大学(仮称)

叡啓大学( 仮称)特設サイト(県立広島大学)

学 部 名

ソーシャルシステムデザイン学部

学 科 名

ソーシャルシステムデザイン学科

定 員

1学年100名程度(うち留学生20名程度) ~4学年で400名程度

設置形態

既存の公立大学法人県立広島大学のもとに設置(1法人2大学)

設置場所

広島国際大学広島キャンパス(広島市中区幟町)を取得予定

開設時期

令和3年(2021年)4月 (予定)

 

叡啓大学の主な特長

  • リベラルアーツやICTリテラシー,データサイエンスなど,知識・スキルの「修得」と,課題解決演習による「実践」を繰り返し,コンピテンシーの修得を徹底させるカリキュラム
  • 学外の多様な主体と恒常的に連携するための「プラットフォーム」(※)を基盤とする実践的な教育の展開と学生のキャリア設計支援 
  • 実践的な英語カリキュラムや日英2か国語での授業展開
  • 留学生と日本人学生が多様な価値観の中で切磋琢磨する環境の構築

◆詳しくはこちらをご覧ください。→ 新大学の概要 (PDFファイル)(1.42MB)

※「プラットフォーム」の準備組織として,「新たな教育モデル」連携準備会を設置し,県内企業や大学等との具体的な連携内容の調整を進めています。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする