このページの本文へ
ページの先頭です。

人権啓発冊子『「気づき」から「きずな」へ』を作成しました

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月9日

県では,「だれもがいきいきと生活できる社会」の実現を目指して,「広島県人権教育・啓発指針」(平成14年度策定)に基づき,人権啓発に係る様々な取組を進めています。
今回,「広島県人権啓発推進プラン(第5次)」(平成14年11月策定,令和3年3月改定)の改定に伴い,人権課題についてわかりやすくまとめた人権啓発冊子『「気づき」から「きずな」へ』を作成しました。

 「気づき」から「きずな」への表紙

1 冊子の題名

『「気づき」から「きずな」へ』

2 内容

令和3年3月に改定された「広島県人権啓発推進プラン(第5次)」に基づき,日常生活の中の12の人権課題について,分かりやすく解説しています。

ダウンロード

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする