このページの本文へ
ページの先頭です。

病院における事業継続計画(BCP)策定について

印刷用ページを表示する掲載日2020年6月11日

事業継続計画(BCP)とは

事故や災害などの有事の際に,事業をいち早く立て直し,継続するために,事前に必要な資源(人員,事業所,資機材等)の確保・配分や必要な対策等を定めた計画のことを,事業継続計画(BCP)といいます。
病院においては,「事業」は「診療」に置き換えられます。有事の際には,多くの傷病者の来院が予想されるため,一定程度の医療サービスの継続ができるよう,事業継続計画(BCP)の策定が求められています。

事業継続計画(BCP)策定のために

病院の事業継続計画(BCP)策定の支援を目的として,資料を作成しましたので,ご活用ください。
※実際の策定にあたっては,各病院において独自に検討を行ってください。

事業継続計画(BCP)策定のために (Wordファイル)(482KB)

参考

病院におけるBCPの考え方に基づいた災害対策マニュアルについて(平成25年9月4日医政発0904第2号) (PDFファイル)(1.19MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする