ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 西部建設事務所 東広島支所 > 地域整備計画実施方針~5年間の整備計画~と社会資本ストック効果

地域整備計画実施方針~5年間の整備計画~と社会資本ストック効果

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月19日更新

1 地域整備計画実施方針

 地域整備計画実施方針は,事務所管内の道路・河川・砂防などの事業別の整備計画を集約し,全体像を公表することで,計画を円滑に推進することなどを目的に策定するものです。
 このたび,現計画を見直し,新たに平成28~32年度を計画期間とする「西部建設事務所東広島支所 地域整備計画実施方針2016」を策定しました。

2 社会資本ストック効果

 社会資本ストック効果とは,道路や港湾などの整備された社会資本が機能することによって,整備直後から継続的に中長期にわたり得られる効果であり,県民の暮らしにおける生活環境の改善や防災力の向上といった「生活の質の向上」をもたらす効果や,移動時間の短縮などにより地域経済活動における「効率性・生産性の向上」をもたらす効果があります。当事務所における社会資本ストック効果の主な事例を紹介します。

東広島支所管内 市町別整備状況

【東広島市】 国道375号御薗宇バイパス
一般国道375号(御薗宇バイパス)【東広島市】
【竹原市】 本川排水機場
二級河川本川(排水機場)【竹原市】
【大崎上島町】 城ヶ迫川砂防堰堤
城ヶ迫川砂防堰堤【大崎上島町】

3 社会資本未来プラン・事業別整備計画へのリンク

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ