このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年7月豪雨災害 復旧状況(豪雨災害から1年)

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月1日

平成30年7月豪雨により被災した道路などの復旧状況をお知らせします。引き続き,早期の復旧を目指していきますので,ご理解,ご協力をお願いします。なお,災害復旧工事などの進捗状況をまとめた「西部建設東広島災害復旧ニュースVol.1」を発行しましたのでお知らせします。

西部建設東広島災害復旧ニュース(Vol.1) (PDFファイル)(755KB)

■主要地方道瀬野川福富本郷線(県道番号33) 東広島市河内町下河内

 豪雨により東広島市下河内から三原市本郷町船木の間の7箇所で河川護岸の決壊,県道の一部が崩落し,全面通行止となっていました。被災後から大型土のう設置などにより応急復旧工事を実施し,道路や下水道の復旧工事を進めてきました。令和元年5月31日には,片側交互通行にて車の通行が可能になりました。引き続き,早期の復旧に努めていきます。

(写真は椋梨川発電所前 被災状況)

被災状況(発電所前)

(椋梨川発電所前 復旧状況 6月17日撮影)

災害復旧(発電所前)完成

(主)瀬野川福富本郷線の被災状況(平成30年7月) (PDFファイル)(723KB)

(主)瀬野川福富本郷線(発電所前)完成 (PDFファイル)(1.51MB)

(主)瀬野川福富本郷線(野々原橋付近)完成 (PDFファイル)(364KB)

(主)瀬野川福富本郷線(河内高校前)進捗状況 (PDFファイル)(372KB)

■国道432号 東広島市河内町中河内

豪雨により国道432号の中河内において道路が崩落し,全面通行止めとなっていました。応急復旧や災害復旧工事を実施し,平成31年4月1日より安全を確保したうえで,片側交互通行可能となっています。引き続き,工事へのご理解と御協力をおねがいします。

(国道432号 復旧状況)

完成写真

国道432号(河内町中河内)被災状況 (PDFファイル)(1.9MB)

国道432号災害復旧状況 (PDFファイル)(918KB)

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする