このページの本文へ
ページの先頭です。

国勢調査(所管官庁:総務省)とは

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月20日

調査の概要

国勢調査は,我が国の人口・世帯数をはじめ,男女・年齢別,産業別などの人口構成や世帯の構成・居住状況を明らかにすることを目的として行われる,国の最も基本的な統計調査です。
国勢調査は,総務省統計局所管による基幹統計調査として大正9年から実施されており,令和2年(2020年)に行われた調査は,21回目に当たり,実施100年の節目を迎えました。
国勢調査の人口は,議員定数や地方交付税交付金の基準などの法定人口として利用されています。また,男女・年齢別人口,産業別人口,高齢者のいる世帯などの統計は,国・都道府県・市区町村の社会福祉,雇用政策,環境整備計画,防災対策などの行政資料として利用されています。

調査の周期

5年周期(令和2年10月1日現在で調査が行われました。)

調査の対象

調査時において,本邦内に常住するすべての人,ただし,外国の外交団・領事団(随員,家族を含む)及び外国軍隊の軍人・軍属(家族を含む)を除く。

調査の流れ

次の流れで行われました。

国(総務省統計局)- 都道府県 - 市区町村 - 指導員 - 調査員 - 世帯

調査事項

1  世帯員に関する事項(15項目)
 氏名,男女の別,出生の年月,世帯主との続き柄,配偶の関係,国籍,
 現在の住居における居住期間,5年前の居住地,在学・卒業等教育の状況,
 就業状態,従業地又は通学地,従業地又は通学地までの利用交通手段,
 従業上の地位,所属の事業所の名称及び事業の種類(産業),仕事の種類(職業)

2  世帯に関する事項(4項目)
 世帯の種類,世帯員の数,住居の種類,住宅の建て方

主要集計事項

次の事項について,全国,都道府県,市区町村,町丁・字及びその他の地域別に集計する。

1 世帯員に関する事項
 氏名,男女の別,出生年月,世帯主との続柄,配偶の関係,国籍,就業状態,
 事業所の名称及び事業の種類,仕事の種類,従業上の地位,就業地又は通学地

2 世帯に関する事項
 世帯の種類,世帯員の数,住居の種類,住宅の建て方

統計調査員が皆様のお宅に調査のお願いに伺った際には、ご回答をお願いします

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする