このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年7月豪雨 災害関連緊急事業の完了について

印刷用ページを表示する掲載日2022年4月19日
令和2年7月豪雨により土砂災害が発生した箇所について,県が実施した災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業及び市町が実施した災害関連地域防災がけ崩れ対策事業が完了したので,お知らせします。

実施箇所

災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業

 畑賀1丁目2地区
 ・実施箇所:広島市安芸区畑賀
 ・工事概要:法枠工 1式

 引野町626地区
 ・実施箇所:福山市引野町
 ・工事概要:法枠工 1式, 鉄筋挿入工 1式

災害関連地域防災がけ崩れ対策事業

 大附下地区
 ・実施箇所:江田島市沖美町三吉
 ・工事概要:法枠工 1式

 柿ノ木田2地区
 ・実施箇所:江田島市江田島町小用
 ・工事概要:植生マット工 1式

 堀2号2地区
 ・実施箇所:江田島市大柿町大原
 ・工事概要:法枠工 1式

 みくまり三丁目地区
 ・実施箇所:安芸郡府中町桜ケ丘
 ・工事概要:法枠工 1式
「災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業」とは,風水害,震災等により急傾斜地に新たに崩壊が生じ,放置すれば次期降雨などにより被害を与えるおそれがある場合に,国の補助を受けて県が対策工事を実施する事業です。

「災害関連地域防災がけ崩れ対策事業」とは,激甚災害に伴い崩壊などが生じ,放置すれば次期降雨などにより被害を与えるおそれがある場合に,国と県の補助を受けて市町が対策工事を実施する事業です。

ダウンロード

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする