このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県統計グラフコンクール

印刷用ページを表示する掲載日2021年11月10日

第70回(令和3年度)広島県統計グラフコンクール作品募集 ※終了しました

広島県では,統計知識の普及と,統計の表現技術の向上を目的として、県内の小学生,中学生,高校生,大学生および一般から統計グラフを募集します。
新聞やテレビで気になること,身の回りの出来事,興味のあることをテーマに統計グラフで表した「ポスター作品」を募集します。
皆様からの楽しい作品をお待ちしています。

応募資格等

第1部・・・・・・・小学校1年生及び2年生の児童
第2部・・・・・・・小学校3年生及び4年生の児童
第3部・・・・・・・小学校5年生及び6年生の児童
第4部・・・・・・・中学校の生徒
第5部・・・・・・・高等学校以上の生徒,学生及び一般
パソコン統計グラフの部・・・・・・・小学校の児童以上

募集要領

応募締切問合せ画像

作品審査

次の点に着目して,入賞作品・入賞区分の決定を行います。
主題 明確で,問題意識を持っているか。
データの選択 主題に適したデータが選択されているか。
データの分析 主題に応じ,統計的に正しく分析されているか。
グラフ 主題,テーマに適したグラフが選択されているか。
構図 文字やグラフのレイアウトが適当か。
色彩 配色が適当か。背景色などにより文字やグラフが不明瞭になっていないか。
レタリング バランスよく,丁寧に書かれているか。
第1~2部 子どもらしい身近な課題をとらえて,ふさわしい観察・調査をしグラフに表しているか。
第3~5部,パソコンの統計グラフ部
  • 統計データを正しく理解して,グラフ化することによってデータのもつ事象が理解されやすくなるよう,工夫されているか。
  • 訴えたい主題が的確にグラフに表れているか。また,主題は斬新で興味を喚起するものであるか。
  • パソコン統計グラフの部では,パソコンの機能を十分に活用したものであるか。
総合的印象度 創造性,全体の印象が優れているか。

 

入賞区分等

入賞区分等
区分 入賞点(校)数 賞状・副賞 その他
特選 各部1点以内 賞状,副賞

特選作品の中から「広島県知事賞」「広島県教育委員会賞」「NHK広島放送局賞」「中国新聞社賞」「広島県統計協会会長賞」を1点ずつ決定します。また,特選作品を掲載した「広島県統計グラフカレンダー」を作成します。

「特選」「入選」「佳作」には,副賞をを贈呈します。(協賛4社提供)

各部とも優秀作品を統計グラフ全国コンクールに出品します。

入賞作品の著作権は,ホームページでの使用を含め全て広島県及び広島県統計協会に帰属します。

入選 各部4点以内 賞状,副賞
佳作 各部若干数 賞状,副賞
優秀校
(入賞作品数5点以上(予定))
該当するすべての学校 賞状
多数出品校
(応募作品数20点以上(予定))
該当するすべての学校 賞状

 

入賞発表

学校長(児童・生徒等)または本人(一般)あてに通知します。
また,ホームページ「広島県統計課」でも発表します。
入賞作品の発表については,作品,作品のテーマ・作成者の氏名・学校名・学年を公表します。

表彰・展示

特選作品を,広島県庁ギャラリー(令和3年12月2日(木曜日)~12月9日(木曜日))で展示します。
また,商業施設(協賛2社協力)で巡回展示を開催する予定です。
なお,入賞作品は約1年後に,それ以外の作品は審査終了後に返却します。
※入賞者は,広島県統計功労者表彰式(令和3年11月25日(木曜日))において表彰する予定でしたが,新型コロナウィルス感染症の影響を考慮し,表彰式は中止といたしました。
また,入賞作品を広島県庁ギャラリー(令和3年11月12日(金曜日)~11月25日(木曜日))で展示する予定でしたが,全国コンクールの審査期間が変更されたことに伴い,日程を変更しており,展示内容も特選作品のみの展示となります。

主催・後援・協賛

主催
広島県広島県統計協会

後援
広島県教育委員会NHK広島放送局中国新聞社

協賛
アヲハタ株式会社・イオンリテール株式会社 
大塚製薬株式会社広島支店・カゴメ株式会社中四国支店 
株式会社福屋・ ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする