このページの本文へ
ページの先頭です。

02 災害補償制度の適用対象に関するQ&A

印刷用ページを表示する掲載日2022年2月8日

目次

適用対象について
No 質問内容
Q1 非常勤職員は,いつの時点から常勤的非常勤職員として取り扱われますか?
Q2 会計年度任用職員の災害補償の取扱いはどのようになっていますか?

 

災害補償制度の適用対象について

Q1: 非常勤職員は,いつの時点から常勤的非常勤職員として取り扱われますか?

A1:常勤的非常勤職員は,フルタイムの常勤職員の勤務時間以上勤務した日が18日以上ある月が,引き続いて12月を超えるに至った者で,その超えるに至った日以後,引き続き当該勤務時間により勤務する者とされており,この要件を満たした時点から地方公務員災害補償基金の補償の対象となります。それ以外の非常勤職員は県や市町の条例又は労災法により補償されます。

 

Q2:会計年度任用職員の災害補償の取扱いはどのようになっていますか?

A2:短時間勤務の会計年度任用職員の場合は,県や各市町等の条例又は労災法により補償されます。フルタイムの会計年度任用職員の場合は,A1の取扱いによります。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする