このページの本文へ
ページの先頭です。

「子ども・若者育成支援推進法に基づく対応方針」を一部改定しました

印刷用ページを表示する掲載日2021年11月22日

「子ども・若者育成支援推進法に基づく対応方針」を一部改定しました

 子供・若者の育成支援について,本県では,「子ども・若者育成支援推進法に基づく対応方針」(令和2年)としてとりまとめ,取組を推進しています。
 この度,令和3年4月に策定・公表された国の「子供・若者育成支援推進大綱」や県の総合計画「安心▸誇り▸挑戦ひろしまビジョン」及び関連計画の策定・改定等を踏まえ,一部改定を行いました。

対応方針の概要

1 位置づけ
 子ども・若者育成支援推進法第9条に基づく都道府県子ども・若者計画
 広島県青少年健全育成条例第2条第1項に基づく施策

2 対象
 子供・若者 ※30歳未満の者。施策によっては40歳未満の者も対象。

3 取組の方向
 法の目的と大綱を踏まえ,次のとおり取り組む。
(1)全ての子供・若者の健やかな育ちと自立支援
(2)社会生活上の困難を抱えている子供・若者への支援
(3)つながりの希薄化が進む「地域社会」への対応
(4)子供・若者を取り巻く「情報通信環境」への対応

ダウンロード

関連ページ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする