このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県子供議会勉強会を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2022年11月22日

 県内の小学校5年生から中学校3年生までの児童・生徒を対象に,広島県子供議会議員の募集を行い,県内各地から35人が参加しました。
10月23日(日曜日)の子供議会に向けて,県議会の役割を学んだり,質問や提案を作成するための勉強会を2回にわたって開催しますので,その様子をお知らせします。

開催日・場所(勉強会第1回目)

  • 日時 令和4年7月30日(土曜日)
  • 場所 県立総合体育館

第1回目の様子

議会について学ぶ

 はじめに,「広島県議会の役割」について,議会事務局の職員から説明を受けました。議会は,知事が考えた仕事の内容と予算,県の法律といわれる条例など,県政の重要事項について,本当に県民のためになるかどうか,話し合って決めており,知事と議会が車の両輪のような役割を果たしていることを学びました。

説明1 説明2 説明3 

質問・提案のテーマを決める

 6つのグループに分かれて,事前に考えた「10年後の広島県をどのような街にしたいか」について,一人一人が付せんに記入して発表しました。そして,付せんをホワイトボードに貼って共有し,皆で話し合って,質問・提案のテーマを決めていきました。

グループ1 グループ2 グループ3

質問・提案の構成を考え,文章にまとめる

 その後,テーマに基づいて,実際にどのような質問・提案にするかを考え,伝えたいことをみんなで議論しながら,次の項目ごとに整理しました。

○現状はどうなっているか

○だれのために,どのようにしたいか

○それを実現するため具体的にどうすればよいのか

○実現できればどのような良いことがあるか

 子供議員は,自分で見聞きしたことや事前に調べてきたことを整理したり,県の職員や大学生サポーターにも手伝ってもらってデータを集めるなどして,現状を調べ,その解決策を探りました。
 そして,思い描く「10年後の広島県をよくするため」の方法を,文章にまとめていきました。

協議1 協議2 協議3

 

開催日・場所(勉強会第2回目)

  • 日時 令和4年9月10日(土曜日)
  • 場所 広島県議会議事堂

第2回目の様子

質問・提案文章を仕上げる

 第1回目で各自が書き上げた文章を,グループとしての意見にまとめて,質問・提案文を完成させました。
 そして,実際に子供議会の場で発表する担当を決め,読み上げの練習を行いました。

議場でのリハーサル

 その後議場へ移動し,本番当日に向けたリハーサルを行いました。
 議場は,ふだん,県議会議員と知事や教育長,局長等が,県の予算や計画,事業の進め方などについて議論を行っている場所です。本番を想定して,グループごとに演台に立って,質問・提案文を読み上げるなどリハーサルを行い,準備を整えました。

リハ2​ リハ2

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする