このページの本文へ
ページの先頭です。

建設女子カフェを開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日2019年11月5日

 「広島県建設産業ビジョン2016」の取組の一つである人材の確保・育成に向けて,建設業界での女性の活躍を推進するため,建設業に興味を持つ県内高等学校及び高等専門学校の女子生徒等と,建設業界で活躍する女性技術者が,気軽に意見を交換できる交流会を,令和元年8月19日(月曜日)に初めて開催しました。

建設女子カフェの写真

 女子学生25名と女性技術者9名が参加し,女性技術者2名による土木・建築業界の紹介の後,グループトークを行いました。

 グループトークでは,恋話や結婚,休暇の過ごし方から,必要な資格,勤務時間,施工管理や現場の話など,笑顔溢れる楽しい雰囲気の中で質問が飛び交いました。

 女子学生へのアンケートでは,全員の方が「内容に満足」,「建設業に対する認識が良くなった」と回答いただきました。また,就職を決める時に重視する点として,「勤務時間・休暇」が最も選ばれ,建設会社に望むこととして,「楽しく仕事ができる環境」という意見が多いなど,働き方を重視する姿勢が印象的でした。

 女性技術者からは,建設業界で女性がさらに働きやすくなるために望ましい取組として,行政は「週休2日制度の強化」,建設業界は「女性に対する理解」や「育児や介護に関する制度の充実,取りやすい環境整備」,女性技術者自身は「女性らしさを活かした働き方をする」など,様々なご意見をいただきました。また,建設女子カフェについては,「(工業高校によっては)現場での作業(大工,とびなど)の実習があるようで,現場に対する抵抗が少なかったことに驚いた」,「みんな建設業が好きなのが伝わってきました」などの感想をいただきました。

当日の様子

女性技術者による業界紹介

グループトーク

業界紹介の写真 グループトークの写真

開催概要

 ○日時

 令和元年8月19日(月曜日)13時30分~16時

○場所

 ホテルグランヴィア広島(広島市南区松原町1-5)

○参加者

 ・県内高等学校及び高等専門学校の土木系学科及び建築学科の女子生徒等(25名)

 ・建設業界の女性技術者
 土木:ゼネコン3社,大手コンサルタント1社,行政
 建築:ゼネコン3社,行政

○内容

(1)主催者あいさつ

(2)建設業界及び女性技術者の紹介

(3)女性技術者による土木・建築業界の紹介

(4)女性技術者と女子学生とのグループトーク

関連リンク

記者発表資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする