このページの本文へ
ページの先頭です。

令和元年度建設業女性技術者交流会を開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月17日

 「広島県建設産業ビジョン2016」の取組の一つである人材の確保・育成に向けて,建設業界での女性の活躍を推進するため,呉工業高等専門学校の女子学生と建設業界で活躍する女性技術者との交流会を,令和元年12月19日(木曜日)に開催しました。

集合写真

 女子学生18名と女性技術者7名が参加し,3グループに分かれて,グループトークを行いました。

 参加した女子学生からは,「残業の多さ」,「休暇の取りやすさ」,「具体的な業務ややりがい」,「今の会社を選んだ理由」,「学生のうちにしておくべきこと」など,和気あいあいとした雰囲気の中で質問が飛び交いました。

 女性技術者からは,建設業界で女性がさらに働きやすくなるために望ましい取組として,行政は「建設業のイメージを変える事が大切。働き方改革を進めていることや,どのような人が向いているかが分かればいい」,建設業界は「女性が働きやすい休暇制度や職場環境の整備」や「実際に建設業界で育児もしながら働いている女性技術者との交流会があると,将来が想像しやすくなると思う」,女性技術者自身は「男性と同じように働こうとするのではなく,自分の得意な事を極めるなどして,自分らしく長く働くイメージを持つべき」など,様々なご意見をいただきました。

グループトークの様子

開催概要

 ○日時

 令和元年12月19日(木曜日)14時40分~16時40分

○場所

 呉工業高等専門学校(呉市阿賀南二丁目2-11)

○参加者

 ・呉工業高等専門学校の女子学生(18名)

 ・建設業界の女性技術者(民間5名,広島県2名)

○内容

(1)建設産業課による建設業界の紹介

(2)女性技術者による自己紹介

(3)女性技術者と女子学生とのグループトーク

関連リンク

記者発表資料

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする