ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度地域文化功労者表彰(文部科学大臣)について

印刷用ページを表示する掲載日2018年9月30日

1 表彰の概要

 全国各地域において,芸術文化の振興,文化財の保護など,地域文化の振興に功績のあった個人及び団体に対して,その功績をたたえ文部科学大臣が表彰します。
 平成30年度は広島県からは3名の方が表彰されました。(昭和58年度から実施)

2 被表彰者数

 95件
 芸術文化分野 50件(個人50)
 文化財保護分野 45件(個人36,団体9)

3 被表彰者(広島県関係)

安達 春汀(あだち しゅんてい) 芸術文化分野 広島市 
  書家・刻字作家
  永年にわたり,書家・刻字作家として優れた活動を行い,地域文化の振興に貢献している。

和田 貢(わだ みつぎ) 芸術文化分野 福山市 
  洋画家  
   永年にわたり,洋画家として優れた活動を行い,地域文化の振興に貢献している。

丸本 垚(まるもと たかし) 文化財保護分野 三次市 
   永年にわたり,広島県無形文化財「三次人形の製作技術」保持者として優れた製作活動を行い,地域文化の振興に貢献している。

(敬称略)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする